メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ショートテスト問題

ショートテスト問題では、学生は答えを提示され、質問形式で解答する必要があります。学生の解答は、「who」「what」「where」などの疑問詞で始まる質問形式でなければなりません。たとえば、「It is the only country that is a continent(大陸全体を占める唯一の国です)」という文は、「What is Australia?(オーストラリアとは何ですか)」という解答を求めます。

学生に質問形式で解答することを求める指示を最初の文章に追加します。学生に疑問符を使用するのを忘れないように注意します。文末に不正確な句読点を使用した場合、その解答に対する評価は与えられません。

ショートテスト問題は自動的に採点されます。

ショートテスト問題を作成する場合には、次を指定します。

  • 学生が適切な質問によって解答する必要のある文章。
  • 質問の先頭に使用できる疑問符(who、what、whereなど)。
  • 正解となるすべての語句。スペル、複数形、一般的な略語によるバリエーションを含みます。

デフォルトでは、システムによって質問が採点される場合、正しい解答には、インストラクタが追加した疑問文のいずれか1つが含まれ、その直後に、インストラクタが追加したいずれか1つの語句が続き、文末に句読点が含まれます。

質問文作成問題の作成方法

  1. テスト、アンケート、またはプールにアクセスします。詳細については、「テスト/アンケート/ プール」を参照してください。
  2. 操作バーから[質問の作成]をポイントして、[質問文作成問題]をクリックします。
  3. [ショートテスト問題の作成/編集]ページで、学生が質問形式の解答を行うことができる文章を入力します。
  4. ドロップダウンリストから、[疑問文の数]を選択します。最大103個の疑問文を追加できます。
  5. 必要に応じて疑問文を入力または編集します。[削除]機能を使用して疑問文を削除します。
  6. 解答の語句を入力します。複数の解答語句が必要な場合は、オプションで、解答語句の数を選択します。解答文の最大数は100です。
  7. オプションで、正解および不正解のフィードバックと、質問のメタデータを入力します。詳細については、「問題メタデータ」を参照してください。
  8. [送信]をクリックします。

部分的な評価

ショートテスト問題では、部分的な評価を指定できます。部分的な評価では、部分的に正しい解答に対して、問題の満点の点数から指定した割合の点数を付与します。詳細については、「部分的な評価の割り当て方法」を参照してください。

個々の問題で部分的な評価を使用するには、[質問の設定]ページで部分的な評価を指定するオプションを有効にする必要があります。