メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

委託採点

自身のコース内の特定のユーザを、学生の課題提出物の特定セットの採点者として割り当てることができます。

複数の採点者による採点とフィードバックを使用することは、信頼性の向上と偏見の解消に役立ちます。大きなクラスの場合は、ティーチングアシスタントと他の採点者の間で採点タスクを分担できます。デフォルトの採点権限を持つロールとしては、インストラクタ、ティーチングアシスタント、および採点者が挙げられます。

インストラクタの採点を支援するユーザは委託採点者と呼ばれ、委託採点者は暫定成績を付与します。委託採点者はインストラクタと同じ採点ステップに従いますが、委託採点者に表示される一連の課題答案は、インストラクタが選択したオプションに基づいて決定されます。すべての委託採点者が成績とフィードバックを付与した後に、1人以上のインストラクタがその採点を確認して、最終成績を決定するか調整します。

委託採点と匿名採点を組み合わせることができます。その場合は、自身が採点者として割り当てられた提出物を表示する際に、学生の名前は非表示になります。匿名の有効化については、「匿名採点」を参照してください。

いくつかの委託採点シナリオのセットアップ例については、「ベストプラクティス : 委託採点の例」を参照してください。

1. 委託採点を有効にする

[課題の作成]ページで、採点タスクを支援する採点者を選択します。

[採点オプション]セクションで、[委託採点を有効にする]チェックボックスをオンにした後に、選択可能な採点者のリストを表示できます。[表示]ドロップダウンリストを使用して、このリストをフィルタリングします。

  1. 各採点者の名前の横にあるドロップダウンリストを使用して、採点する提出物を割り当てます。
    • すべての送信
    • ランダムセット : 選択した数の学生のランダムセットを採点します。複数の採点者が1つのランダムセットに割り当てられた場合、各学生が複数のランダムセットに割り当てられるのではなく、学生が採点者に均等に割り当てられます。
    • グループ:選択したコースグループに属するすべての学生を採点します。
    • なし
  2. コース内のすべてのインストラクタは、他の採点者が割り当てた内容を確認できます。他のロールも、他者によって追加された得点、フィードバック、およびメモを表示できるようにするには、[ビュー設定]列のチェックボックスをオンにします。
  3. [採点の調整]列で、各学生の最終成績とフィードバックを決定できるのは誰なのかを確認します。すべてのインストラクタは、成績を調整できます。詳細については、「成績の調整」を参照してください。

採点の正確性と一貫性を確保するには、すべての委託採点者に対して採点時にルーブリックの使用を義務付けます。ルーブリックとは、課題の評価基準を列挙しているアセスメントツールです。詳細については、「ルーブリック」を参照してください。

2. 通知

2人の委託採点者を選択して、それぞれの採点者に提出物のランダムセットを割り当てた場合は、各採点者に通知されて、各採点者にはランダムセットに含まれている答案提出物のみが表示されます。

次の場所では、自身に委託された課題の要採点ステータスが通知されます。

  • [要採点]ページ
    • ここでは、他者に委託された課題は表示されず、自身に委託された課題のみが表示されます。
  • 成績管理グリッド
    • 委託された課題の提出物に割り当てられた採点者のセルには、要採点アイコンが表示されます。
  • 通知モジュール
  • [更新]ページのMy Blackboard
  • 個別のEメール通知 (有効化されている場合)
  • SMS通知、音声通知、および日次ダイジェストEメール通知 (有効化されている場合)

3. 提出物へのアクセス

自身が採点者として割り当てられた課題の提出物には、成績管理および[要採点]ページからアクセスできます。匿名採点も有効になっている場合は、「匿名提出物へのアクセス」を参照して、これら2つの場所で提出物がどのように表示されるのかを確認してください。

[課題の採点]ページ

どちらのアクセス方法を使用した場合でも、[課題の採点]ページが表示されて、通常どおり提出物を表示してインラインで採点できます。操作バーでは、各採点者はキュー内の採点可能な項目の数を確認できます。インライン採点の詳細については、「課題の採点」を参照してください。

各インストラクタは、他の採点者が付与した得点、フィードバック、およびメモを表示できます。これらの情報は、有効化されない限り他の採点者には表示されません。

成績を付与すると、[要調整]アイコンが成績管理セルに表示されます。この成績がインストラクタロールによって調整されるまでは、得点は表示されません。

4. 調整する成績の通知

委託採点者が成績の付与を開始した後に、インストラクタは成績の調整が必要であるという通知を受け取ります。これらの通知は、次の場所に表示されます。

  • [要採点]ページ
    • 操作バーに[要調整]と表示されます。
  • [更新]ページのMy Blackboard
  • 成績管理グリッド
    • [要調整]アイコンがセルに表示されます。
  • 通知モジュール
  • 個別のEメール通知 (有効化されている場合)
  • SMS通知、音声通知、および日次ダイジェストEメール通知 (有効化されている場合)

5. 採点の調整

インストラクタロールは、採点者によって付与されたすべての採点とフィードバックを確認して、最終成績を決定します。インストラクタロールに割り当てられた答案の数にかかわらず (0の場合も含む)、すべてのインストラクタは採点を調整できます。

[採点の調整]ページには、[要採点]ページや成績管理全体などの複数の場所からアクセスできます。

[採点の調整]ページへのアクセス

インストラクタロールは、成績列のコンテキストメニューから[採点の調整]を選択します。答案を採点済みの他の採点者ロールには、成績管理で[要調整]アイコンが表示されますが、これらの採点者ロールは[採点の調整]ページにはアクセスできません。

[採点の調整]ページ

[採点の調整]ページでは、インストラクタロールは、すべての採点者によって割り当てられたすべての成績を表示できるとともに、採点を実行する予定の採点者を確認できます。大きなクラスの場合は、ステータスと採点者に基づいてリストをフィルタリングします。コメントアイコン付きで表示される得点にはフィードバックがあります。このページでは、別の採点者によって設定された成績を承認するか、複数の採点者によって割り当てられた成績を確認して、最終成績を設定します。

  1. 採点者の進捗状況の表示 : クリックすると、すべての採点者の進捗状況、採点者が課題の平均点数のために割り当てた成績、および答案の数が表示されます。
  2. 詳細ビューの表示 : このアイコンをクリックすると、既存の成績、フィードバック、およびルーブリック (関連付けられている場合) が表示されます。このビューから、すべての採点者のフィードバックを非表示にしたり、新しいフィードバックを追加したり、最終成績を決定したりできます。
  3. 採点者の追加 : このアイコンをクリックすると、この学生の1人以上の採点者を追加するためのポップアップウィンドウが開きます。
  4. 最終成績の決定 : ドロップダウンリストを使用して、各学生の最終成績を割り当てます。または、列ヘッダーにある[最終成績]ドロップダウンリストを使用して、採点者の得点の最高点、最低点、または平均点について採点を一括して調整します。

調整済み採点の表示

採点を調整した後に、[要調整]アイコンの代わりに、自身が割り当てた得点が表示されます。各採点者が割り当てた得点とフィードバックは、[成績の履歴]タブにある学生の[成績の詳細]ページで表示できます。学生には、調整済みの得点とフィードバックが[成績表]で表示されます。学生は課題の名前をクリックして、すべての採点者のフィードバックを[提出履歴の確認]ページで表示することもできます。

成績を調整する際は、インストラクタは委託採点者のフィードバックを学生に表示せずに、自身のフィードバックを付与することを選択できます。

委託採点とコンテンツ交換

次のコンテンツ交換機能を使用する際は、委託採点者と委託設定は新しいコースに引き継がれます。

  • ユーザとともにコースをコピー(完全コピー)
  • [新規コースへのコース教材のコピー]および[コピーに登録情報を含める]チェックボックスのオン
  • アーカイブ/リストア (ユーザとユーザ設定はアーカイブ済みコースの一部であるため)

登録なし

登録なしで新しいコースにコースをコピーすると、すべての既存の委託採点課題に対して有効な状態で委託設定が引き継がれます。コースをコピーしているインストラクタが、すべての提出物を採点し、採点を調整するように設定されます。

登録なしで既存のコースにコースをコピーまたはインポートすると、すべての既存の委託採点課題に対して有効な状態で委託設定が引き継がれます。また、調整可能な現在のユーザはすべて、すべての提出を採点するように設定されます。