メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

複数の課題の答案

複数試行を可能にすることで、学生は進捗を管理しやすくなり、課題の質が高くなって、最終的には成果や定着度が向上します。

1つの課題に対して複数の答案を許可できます。学生にドラフトを複数回送信させ、その進歩によって単位を取得することを許可する場合に有効な方法です。大きな課題のフィードバックを提供することで、学生は習熟度を示すことができます。学生には、どの課題で複数の答案が許可されているのかや、それぞれの答案の期待事項と評価基準を必ず通知してください。

研究論文課題

4つの答案が許可された1つの課題では、学生は次の項目について添付ファイルを送信できます。

  1. 概要
  2. 参考文献
  3. 大まかなドラフト
  4. 最終論文

インストラクタは各段階でフィードバックを行うことができます。各答案が提出されるたびに成績を割り当てることができますが、最終論文の成績のみをその課題の成績として使用してください。

または、4つの成績を割り当てることを希望する場合は (研究論文プロセスの段階ごとに1つの成績)、段階ごとに個別の課題を作成できます。この場合は、成績管理で集計対象の列を設定し、各課題の点数を加算して、研究論文の最終得点を算出できます。

グループが課題を複数回提出して、提出物ごとにフィードバックと成績を受領することを許可することもできます。

複数答案のオプション

課題を作成する際は、許可する答案の数と、どの得点を成績管理で使用するのかを決定する必要があります。

たとえば、3つの答案を許可する場合は、次のいずれかの得点を選択できます。

  • 最後の得点 (デフォルト)
  • 最高の成績
  • 最低の成績
  • 最初の採点済み答案
  • 採点済み答案の平均

複数答案の採点

1つの課題に対して複数の答案を許可した場合に、学生がすべての答案を提出した場合は、それらの答案はすべて成績のセルのコンテキストメニューに表示されます。

いずれかの答案が未採点の場合は、採点済みの答案の得点とともに、セルに感嘆符が表示されたままになります。

[課題の採点]ページ

  1. [課題の採点]ページでは、操作バーの学生の名前の横に、提出済み答案の数が表示されます。
  2. 学生は、インストラクタがどの答案を最終得点用に使用しているのかを確認できます (最後の得点や平均得点など)。
  3. [答案]ドロップダウンリストをクリックすると、他の答案を表示できます。ルーブリックを課題に関連付けた場合は、採点時にそのルーブリックを参照できます。

答案を選択した後、成績とフィードバックを入力し、送信します。

追加の答案を許可

学生が課題に対して許可された最大数の答案を送信済みの場合は、追加の答案を許可できます。成績管理で、セルのコンテキストメニューにアクセスし、[成績の詳細の表示]をクリックします。

[追加の答案を許可]が表示されるのは、学生がその課題に対して許可された最大数の答案をすでに送信済みである場合のみです。学生の送信済み答案数が許可された最大数に達するたびに、何度でも追加の答案を許可できます。学生の再送信を許可するために、以前の答案を採点する必要はありません。

または、[答案を無視]をクリックして、その答案の得点が成績の計算で使用されないようにして、その答案を最大答案数のカウントから除外することもできます。