メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

SafeAssignオリジナリティレポート

SafeAssignオリジナリティレポートでは、学生が提出したペーパーと既存のソースの間に見つかった一致内容に関する詳細情報が提供されます。インストラクタと学生はこのレポートを使用して、提出された課題で盗作が行われている可能性がないか確認して、ソースの言い回しを変える代わりにソースの出典を適切に示す方法を理解するための機会を創出できます。インストラクタは、課題を作成して、SafeAssignサービスを使用することを選択する際に、学生にこのレポートの表示を許可するかどうかを決定します。

このレポートでは、すべての一致するテキストブロックが特定されます。インストラクタと学生は、これらの一致するテキストの出典が適切に示されているかどうかを確認する必要があります。すべての一致内容を調べることで、引用基準の差異に起因する誤検出が防止されます。

オリジナリティレポートでは、疑わしいソースのリストが表示されて、各ソースは異なる色で反転表示されます。このレポートでは、30件のソースを最大30色で表示できます。

オリジナリティレポート の情報は、iPad®やiPhone®など表示されている画面に適応します。

レポートへのアクセス

SafeAssignレポートの処理が完了したら、[課題の採点]ページでそのSafeAssignレポートにアクセスできます。[課題の採点]ページには、成績管理または[要採点]ページからアクセスできます。

成績管理で、SafeAssignオプションを有効にした課題を見つけます。学生が課題を提出すると、[要採点]アイコン (感嘆符) が表示されます。セルのコンテキストメニューにアクセスして、答案をクリックします。

[課題の採点]ページで、採点サイドバーにSafeAssignセクションが表示されます。レポートの処理中は、「レポートの実行中...」というメッセージが表示されます。

レポートを表示する準備ができたら、採点サイドバーにパーセンテージが表示されます。SafeAssignリンクを展開して、[オリジナリティレポートの表示]をクリックして、結果を新しいウィンドウで表示します。

レポートレイアウト

SafeAssignオリジナリティレポートは次の3つの領域に分かれています。

  • レポート情報
  • 引用
  • 原稿のテキスト

ペーパーのテキストを表示するためのスペースがさらに必要な場合は、右矢印を使用して右側のパネルを折りたたむことができます。反転表示色は折りたたまれたビュー内で保持されます。

レポート情報

レポート情報は、レポートの右側のパネルに表示されます。表示領域の幅を縮小した場合、この情報は上部に表示されます。作成者、一致テキスト率、ワード数、送信日時などのペーパー関連データを表示できます。学生が複数のファイルを添付した場合は、レポート情報とともに表示されます。印刷可能なバージョンを表示することもできます。この印刷可能なバージョンは、支援技術を使用してBlackboard Learnにアクセスするユーザにとって最も効果的なレポート表示形式です。印刷可能なバージョンを表示するには、ページの上部にある[印刷]をクリックします。他のユーザにEメールで送信するには、PDFをダウンロードします。

引用

送信されたペーパーのテキストに一致するテキストが含まれたソースが、レポートの右側のパネルに一覧表示されます。このセクションを展開してソースを選択し、レビュー対象から除外して、ペーパーを再び処理できます。

[ソースを選択してペーパーを再提出]をクリックして、次のレポートに含めるソースを指定できます。デフォルトでは、すべてのソースが含まれます。結果から除外する各ソースのチェックボックスをオフにして、ペーパーを再提出します。この方法が便利なのは、ソースが同じ学生の同じ課題に対する以前の作業内容である場合です。ソースを除外することが考えられるもう1つのケースは、何らかの理由でソース内の長いセクションがペーパーに含まれている場合です。再びペーパーを処理すると、除外したソースを使用せずに新しい一致率の数値が生成されます。

原稿のテキスト

送信されたペーパーは、レポートの左側のパネルに表示されます。テキストの一致ブロックはすべて識別されます。ソースごとに独自の色が割り当てられています。30件のソースに対して最大で30色を使用できます。ソースに一致するテキストは、対応するソースの色で反転表示され、番号で識別されます。右側のパネルで、すべての反転表示をオンまたはオフにするオプションをクリックして、すべてのソースの反転表示をまとめてオンまたはオフにできます。反転表示のオンとオフは、1つの引用のみを対象にして行うことができます。引用の横にある[削除]または[反転表示をオンにする]をクリックします。

一致するテキストブロックをクリックすると、元のソースに関する情報や、ブロックや文がソースからコピーされた確率に関する情報が表示されます。

[課題の採点]ページで学生に割り当てる成績を決定する際は、レポートで明らかになった関連事項を参考にします。

複数の添付ファイルと答案

SafeAssignは、個別の課題に対する学生の複数の答案を、同じ課題について同じ学生によって送信されたものとして認識します。SafeAssignでは、学生の最新の答案内容を過去の提出物の内容と照らし合わせてチェックしません。

学生が課題に複数のファイルを添付した場合は、一連の添付ファイルがレポートに表示されます。ファイル名のリンクをクリックすると、このファイルのテキストが左側のパネルに表示され、ワード数が右側のパネルに表示されます。

SafeAssignのスコアの解釈

文章の一致スコアは、2つの語句が同じ意味である可能性のパーセンテージを表します。この数字は、これらの2つの語句が偶然に同じである確率の逆数を表します。たとえば、スコアが90パーセントの場合、この2つの語句が同じである確率は90パーセントです。これら2つの語句が類似している理由が、提出されたペーパーに既存ソースの内容が含まれているためではなく、偶然によるものである確率は10パーセントです (出典が適切に示されているか否かを問いません)。

SafeAssign総合スコアは、送信されたペーパーに既存のソースと一致する内容が含まれている確率を示します。このスコアは警告インジケータにすぎません。ペーパーをレビューして、一致部分の出典が適切に表示されているかどうかを確認してください。

  • 15パーセント未満のスコア : 通常、これらのペーパーには、いくつかの引用や、よく使われる語句、または他の文書と一致するテキストのブロックが含まれます。通常は、これらのペーパーをこれ以上分析する必要はありません。これらのペーパーには盗作の証拠がないためです。
  • 15パーセントから40パーセントまでのスコア : これらのペーパーには引用されたか言い回しを変えただけの内容が多く含まれているか、盗作された内容が含まれています。これらのペーパーをレビューして、一致するテキストの出典が適切に示されているかどうかを確認する必要があります。
  • 40パーセント以上のスコア : これらのペーパーには、非常に高い確率で、他のソースからコピーされたテキストが含まれています。これらのペーパーには引用されたか言い回しを変えただけのテキストが過度に含まれており、盗作の有無を確認するためにレビューが必要です。