メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

課題の成績設定

[課題の作成]ページで、[採点]セクションは次の3つのグループに論理的に分割されています。

  1. 提出オプション : 学生がその課題を提出できる回数やその課題の対象者などの一般的な設定を選択します。
  2. 採点オプション : 匿名採点と委託採点を設定します。
  3. 成績の表示 : 学生に成績を表示するかどうかなどの、成績管理列の設定を選択します。

 


1. 提出オプション

学生の提出物に関するオプションを選択します。

課題タイプ : [個別]、[グループ]、または[ポートフォリオ]を選択します。課題の提出物としてポートフォリオを義務付けることができます。詳細については、「割り当てられたポートフォリオ」を参照してください。

実施回数 : [1回のみ実施]、[複数回実施]、または[回数無制限]を選択します。[複数回実施]または[回数無制限]を選択した場合は、成績管理で使用する答案を指定することもできます。詳細については、「複数の課題の答案」を参照してください。

盗作ツール : 所属している教育機関がSafeAssignサービスを有効にしている場合は、使用する盗作ツールオプションを選択します。SafeAssignを使用できない場合は、これらのオプションは表示されません。詳細については、「SafeAssignの使用」を参照してください。

2. 採点オプション

課題を匿名で採点することを選択したり、自身の採点タスクを支援する他の採点者を割り当てることを選択したりできます。

匿名採点を有効にする

作成段階で匿名採点を有効にすることで、重要な課題の採点において偏見をなくすことができます。採点時に課題の提出物に学生の名前が表示されないようにして、答案を匿名化できます。誰の答案なのかがわからなければ、学生の過去の成績、クラスへの参加状況、軋轢、人種、性別、学生の既知の素質などによって採点が不当な影響を受けることがなくなります。この方法は、先入観なしで採点が行われたことが学生に保証されるため、学生とインストラクタの関
係性にも貢献します。

[匿名採点を有効にする]チェックボックスをオンにした後に、学生の匿名を自動的に解除するタイミングを選択します。

  • 特定の日付 : 匿名採点を無効にする日付を指定します。その日付の終了前に、匿名の解除が自動的に開始されます。
  • すべての提出の採点後 : 期日を指定します。学生が答案を提出した後に、期日が経過して、さらにインストラクタによってその答案が採点されると、学生の匿名が解除されます。

任意の時点で匿名採点を手動で無効にするには、[匿名採点を有効にする]チェックボックスをオフにします。詳細については、「匿名採点」を参照してください。

委託採点を有効にする

複数の採点者による採点とフィードバックを使用することは、信頼性の向上と偏見の解消に役立ちます。自身のコース内の特定のユーザを、学生の特定の提出物セットの採点者として割り当てることができます。大きなクラスの場合は、ティーチングアシスタントと他の採点者の間で採点タスクを分担できます。

[委託採点を有効にする]チェックボックスをオンにした後に、選択可能なすべての採点者のリストを表示できます。デフォルトの採点権限を持つロールとしては、インストラクタ、ティーチングアシスタント、および採点者が挙げられます。各採点者の名前の横にあるドロップダウンリストを使用して、採点する提出物を割り当てます。

  • すべての送信
  • ランダムセット : 選択した数の学生のランダムセットを採点します。ランダムセットを採点するために複数の採点者を割り当てた場合は、学生は均等に分配されて、同じ学生が複数のランダムセットに含まれることが極力回避されます。
  • グループ:選択したコースグループに属するすべての学生を採点します。
  • なし

    すべての採点者が成績を割り当てたら、インストラクタロールは[採点の調整]ページですべての成績とフィードバックを参照して、各学生の最終成績を決定します。詳細については、「委託採点」を参照してください。

3. 成績の表示

成績管理で成績を表示する方法と、[成績表]で学生に対して成績を表示する方法を選択します。[第1]の選択内容のみが学生に表示されます。

課題の得点を採点計算に含めることを選択することもできます。

課題の要件に基づいて、[成績表]で学生に対して成績と統計情報を表示しないことを選択できます。