メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

課題の作成

掲示板の代わりに課題ツールを使用してファイルを収集することの利点

学生の提出済みファイルを採点する場合は、課題ツールを使用すると時間を節約できます。課題ツールを使用して課題を作成すると、成績管理列が自動的に作成されます。成績管理または[要採点]ページから、作業内容を提出済みである学生を確認できます。インラインビューアを使用して、提出物を直接採点できます。提出物をダウンロードして、オフラインで表示することもできます。

期日付きの課題は、コースカレンダーに自動的に表示されます。課題の成績と期日は、リテンション管理で使用されます。リテンション管理は、インストラクタが設定した基準に基づいた既定の成績スタンダードを学生が下回っている状況を発見するのに役立ちます。リテンション管理から、成績が低迷している学生にEメールを送信できます。詳細については、「リテンション管理」を参照してください。

課題の作成方法

  1. 操作バーで、[アセスメント]をクリックしてから、[課題]をクリックします。
  2. [課題の作成]ページで、名前と手順を入力して、学生が必要とするファイルを提供します。
  3. 必要に応じて、[期日]を選択します。
  4. [採点]セクションで、[満点の点数]を入力し、オプションでルーブリックを関連付けます。オプションで、各セクションを展開して、匿名採点や成績の表示方法などを選択します。詳細については、「課題の成績設定」を参照してください。
  5. 課題を利用可能にします。
  6. [表示開始日]および[表示終了日]チェックボックスをオンにすると、選択した日付が有効になります。表示制限はアクセス設定には影響せず、課題が表示されるタイミングにのみ影響します。
  7. オプションで、[統計情報の取得]チェックボックスをオンにします。
  8. [送信]をクリックします。

始める前に

課題の手順

[送信]をクリックする前に必要なファイルを課題に添付するよう、学生に対して注意を促します。送信するまで課題は完了と見なされないことを学生に伝えます。学生は、間違ったファイルを送信したりファイルの添付を忘れたりした場合は、インストラクタに連絡して課題の答案をリセットしてもらう必要があります。

ファイルの添付

オプションで、[課題ファイル]セクションで、[マイコンピュータの参照]をクリックしてお使いのコンピュータからファイルをアップロードします。また、コースのストレージリポジトリからファイルをアップロードすることもできます。

  • コースファイルがコースのストレージリポジトリの場合は、[コースの参照]をクリックします。

    -または-

  • 教育機関にContent Managementがライセンス付与されている場合は、[コンテンツ管理の参照]をクリックします。

期日

期日を追加することで、成績管理で採点可能な項目を整理して採点期間に割り当てることができます。また、学生が期日を過ぎてから課題を送信した場合は、その提出物は[課題の採点]ページ上で "遅延" として識別されます。学生は、[提出履歴の確認]ページで期日後とマークされているのを確認できます。課題の作成時に匿名採点を希望する場合にも、期日を使用できます。詳細については、「課題の成績設定」を参照してください。

成績の設定

採点の責務は、ティーチングアシスタント、採点者、および他のインストラクタと共有できます。複数の採点者が同じ課題を採点できるようにすることで、採点の信頼性を高めることができます。匿名で採点することで、偏見をなくすこともできます。詳細については、「課題の成績設定」を参照してください。

ルーブリック

課題にルーブリックを関連付けることができます。ルーブリックを使用して、学生の成績を評価するための基準を作成できます。詳細については、「ルーブリック」を参照してください。

複数試行

学生の進捗管理を支援するために、学生が課題を複数回提出して、提出物ごとにフィードバックを受けることができるようにします。これにより、課題の質が高まり、最終的には学生の成績や定着度が向上します。詳細については、「複数の課題の答案」を参照してください。

課題およびSafeAssignment

SafeAssign 4.0 Building Blocksについては、SafeAssignmentコンテンツタイプが削除されて、課題の作成時にはSafeAssignを選択できます。SafeAssignサービスを課題コンテンツタイプと統合することで、シームレスで機能豊富なワークフローが得られます。詳細については、「SafeAssignの使用」を参照してください。

SafeAssign 4.0 Building Blocksは、2014 (4月) リリースにバンドルされています。このBuilding Blocksは、Blackboard Learnバージョン9.1サービスパック14以前には対応していません。