メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ベストプラクティス:ガイダンス動画

動画は、あらゆる場所で用意されており、それが標準となっています。

デザイン処理の初心者でも、経験を積んだオンラインインストラクタでも、学生を喜んで迎えるために、魅力的なイントロ動画の追加を検討する必要があります。短い 動画は、学生とのつながりを容易に確立できる方法の1つです。

米国では現在、8,900万人が12億件のオンライン動画を視聴しています。2016年には、この数字が15億に増加すると予想されています。1

イントロ動画を用意すると、すべての学生、特に、積極的でないユーザや新規ユーザにとってオンライン体験を人間的なものにすることができます。インストラクタが、その科目に対して熱意のある実際の人間であることを学生に実感させることができます。動画を使用して社会的な存在感を確立することで、学生との親密な関係が築かれ、連帯感が育まれます。

インストラクタの動画で、従来の教室での対面による授業を再現できます。コースに関する刺激をもたらすと同時に、そのコンテンツが学生にとってどれほど意味のあるものかを説明できます。また、インストラクタの個性をアピールし、オンライン学習環境に対する恐怖を払しょくすることができます。

 イントロ動画に含めるべき内容 

学生に伝える情報が多すぎないようにします。短く簡潔な動画が最適です。動画が、長くても3、4分になるようにしてください。5分を超えるイントロ動画を、最後まで注意深く見続けたことがありますか?伝える内容が多い場合は、作成する動画の数を増やします。

  • 短く、魅力的にしてください。学生の意欲を高めることが目的であり、学生に伝える情報が多すぎてはならないことを忘れないでください。具体的な内容や日付を含めないようにします。
  • 個性が表れるようにします。自分の生活の写真やクリップを入れたセクションを含めます。空き時間には何をしていますか?
  • ルールに従ってください。どのような行動や参加状況を期待しているかを伝えます。
  • 重要事項を追加します。学期中に2回の仮想クラスミーティングなど、特別な指示や要求を含めます。
  • 連絡が取れるのはいつですか?連絡やコミュニケーションが可能なタイミングの一覧を作成します。Eメールや投稿への応答がいつになるか、および締め切り後に成績が利用可能になるのはいつかを学生に知らせます。
  • 仮想営業時間を含めます。質問や相談を喜んで受けることを学生に知らせます。
  • 助けを求めることができます。利用可能な技術サポートを利用する方法を伝え、学生全員に良い成績を収めてほしいと思っていることを示します。
  • 出発点を示します。コースの学習を開始する方法を学生に詳しく説明するようにします。

 イントロ動画には必要のない内容

歓迎を伝える動画には不要な情報もあります。シラバスに、次の具体的な情報を含めてください。

  • コースの時間と授業の場所
  • インストラクタへの連絡方法の詳細
  • 大学の規則
  • 盗作とネットワークエチケットに関するガイドライン
  • 評価基準
  • 教科書
  • 具体的な課題リストと重要な期日

成功のためのヒント

少しの努力と計画で、高品質の動画を制作できます。また、多くの教育機関には、テレプロンプタを備えた録画スタジオがあります。スクリプトを読むか、少なくとも、必要に応じて参照すると、より快適に録画できます。完全なスクリプトがあれば、動画にキャプションを簡単に追加できます。障害のある人々がアクセスできるようにコースをマルチメディア対応にするには、キャプションを追加する必要があります。詳細については、「アクセシビリティ情報」と「ベストプラクティス:動画コンテンツのキャプション」を参照してください。

  • 動画を簡潔にしておくために、スクリプトまたは詳細な概要を作成します。
  • カメラの近くに座ります。これは、学生が、言葉以外のヒントや顔の表情を読み取るために役立ちます。
  • 録画中はカメラやWebカメラを見て、視聴者と目が合うようにします。スクリプトや、コンピュータに映る自分に集中しないでください。
  • マイクの設定をチェックします。
  • 無地で明るい色の背景を使用し、対照的に暗い色の、模様の少ない服装にします。
  • 照明は、自分の後ろではなく、前から照らします。顔と背景がはっきりと明瞭に映ります。また、室内の複数の場所から照明を使用できる場合は、さらに鮮明に撮影できます。
  • 自分と視聴者が集中できるように、静かな録画場所を見つけてください。
  • 複数回、練習して録画できるように予定を組んでください。
  • 教室で話すときのように、科目に対する熱意を表し、興味をもたれるように話します。
  • 可能な場合はいつでも、視覚効果を追加してください。

推奨参考書

Building Community in Your Online Course - Introduction Video (オンラインコースでのコミュニティの構築 - イントロ動画)

Introduction Video:Why Your Online Course Needs One (イントロ動画 : オンラインコースにイントロ動画が必要な理由)

 

 

1Abramovich, Giselle."15 Stats Brands Should Know About Online Video (オンライン動画についてブランドが知っておくべき15の数字) - Digiday." Digiday.N.p., (2013年4月3日) Web.(2014年5月5日)