メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コースファイルへのファイルの追加

コースコンテンツを作成するときなど、複数の方法でコースファイルにファイルとフォルダを追加できます。

学生はコースファイルにファイルをアップロードできません。コースに参加しているときにコンピュータからファイルを参照したり、ファイルを添付したりできるだけです。学生のファイルは、コースファイルに保存されません

コースファイルには、1つのファイル、複数のファイル、または1つ以上のフォルダをアップロードできます。アップロードした後、ファイルとフォルダは必要に応じて他のフォルダに移動できます。

複数のファイルとフォルダを1回の操作でアップロードし、ファイルを参照するには、Javaプラグインが必要です。プラグインがない場合や、アクセス設定オプションが必要な場合は、ページ上部の[単一ファイル]をクリックしてファイルを参照し、1つずつアップロードします。

Windowsで、リスト内の複数のファイルやフォルダを選択するには、[SHIFT]キーを押し、最初と最後の項目をクリックします。連続していないファイルやフォルダを選択するには、[Ctrl]キーを押したまま、各項目をクリックします。Macの場合は、[Ctrl]キーの代わりに[command]キーを押します。

ファイルを追加する方法

コンテンツは4つの方法で追加できます。

  • ドラッグアンドドロップ機能または参照機能を使用して、ファイルとフォルダを1つずつ、または一括して、コースファイルにアップロードします。
  • [マイコンピュータの参照]を使用してコンテンツを作成している場合は、コンピュータからファイルをアップロードします。
  • コースファイル内にHTMLオブジェクトを作成し、ファイルをアップロードします。
  • WebDAVを使用して、コンピュータのデスクトップから、またはWebDAV対応アプリケーションを通じて、コースファイル内のファイルを直接アップロード、編集、管理します。

いくつかのオプションの利点を調べるには、「ベストプラクティス :ファイルの添付」を参照してください。

ドラッグアンドドロップ機能の使用方法

  1. ファイルのアップロード先の[コースファイル]フォルダをクリックします。
  2. 操作バーで[アップロード]を選択し、[ファイルのアップロード]をクリックします。
  3. 必要に応じて、ページ上部の[複数のファイル]をクリックします。
  4. コンピュータで、アップロードするファイルやフォルダを含むフォルダを開きます。このフォルダを、[複数のファイルおよびフォルダのアップロード]ページの隣に配置します。
  5. ファイルを選択して[複数のファイルおよびフォルダのアップロード]ページのアップロードボックスにドラッグします。既存のファイルと同じ名前のファイルをアップロードしようとすると、現在のファイルを上書きするという通知が表示されます。
  6. ファイルとフォルダがアップロードボックスに表示されます。リスト内のファイルを削除するには、[削除]列の[X]をクリックします。フォルダのコンテンツはアップロードリストに個別に表示されますが、アップロード後は、親フォルダ内に格納されます。
  7. [送信]をクリックします。ステータスバーにアップロードの進行状況が表示されます。

参照機能の使用方法

  1. ファイルのアップロード先の[コースファイル]フォルダをクリックします。
  2. 操作バーで[アップロード]を選択し、[ファイルのアップロード]をクリックします。
  3. 必要に応じて、ページ上部の[ 複数のファイル]をクリックします。
  4. [複数のファイルおよびフォルダのアップロード]ページで、[参照]をクリックし、アップロードするファイルおよびフォルダが格納されているコンピュータ上のフォルダを開きます。そのファイルおよびフォルダを選択します。
  5. ファイルとフォルダがアップロードボックスに表示されます。リスト内のファイルを削除するには、[削除]列の[X]をクリックします。フォルダのコンテンツはアップロードリストに個別に表示されますが、アップロード後は、親フォルダ内に格納されます。
  6. [送信]をクリックします。ステータスバーにアップロードの進行状況が表示されます。

マイコンピュータの参照機能の使用方法

コースにコンテンツを作成すると、コンピュータ上のファイルを参照したり、リンクしたりできます。[マイコンピュータの参照]機能を使用してアップロードしたファイルは、[コースファイル]の最上位フォルダに保存されます。ファイルをアップロードするときに別のフォルダを選択するオプションはありません。デフォルトでは、この方法でコースにアップロードしたファイルには読み取り権が割り当てられ、登録しているすべてのユーザに表示されます。学生がコンピュータからファイルをアップロードした場合、ファイルはコースファイルに保存されません

アップロードしたファイルの名前が最上位フォルダにあるファイルと同じ場合、新しいファイルの名前の後に数字が追加されて保存されます。たとえば、course_assignment.doccourse_assignment(1).docになります。

Wikiページを作成するときなど、コースにアップロードされた一部のファイルはコースファイルに保存されません。すべてのリストは、「コースファイルに自動的に追加されたファイルについて」を参照してください。

以下の手順で、ファイルがコンテンツエリアのコンテンツ項目にアップロードされます。[マイコンピュータの参照]の手順は、他のコース領域、または掲示板や連絡事項などのツールで使用する場合と同じです。

  1. [項目を作成]ページの[添付ファイル]セクションで、[マイコンピュータの参照]をクリックしてファイルを検索します。
  2. ファイル名がコースに表示されないように、[リンクタイトル]を入力します。

    [添付しない]をクリックし、選択したファイルを削除します。

コンテンツエディタ機能を使用したファイルの添付

または、コンテンツエディタ機能を利用してファイルへのリンクを作成することもできます。コンテンツエディタを使用してアップロードしたファイルは、コースファイルの最上位フォルダに保存されます。コンテンツエディタを使用してファイルへのリンクを作成すると、ファイルのリンクがその他のテキストと関連してどこに表示されるかをより詳しく制御できます。同様に、[新しいウィンドウで開く]オプションを選択し、代替テキストを指定することもできます。代替テキストは、ユーザがリンクの上にマウスを移動させると表示され、スクリーンリーダーで読み取られます。

コンテンツ項目にアップロードされたファイルはコンテンツエリア内にリンクとして表示され、最上位フォルダのコースファイルに保存されています。ファイルをコースフォルダ内の別のフォルダにファイルを移動できます。これによって、コース内のリンクは破損しません。

zipされたファイルをコースファイルにアップロードする方法

ファイルやフォルダを1つのパッケージにzip (圧縮) することができます。そして、zipされたファイルをアップロードし、次の操作を実行できます。

  1. フォルダ構造とリンクを完全に保持したままでコンテンツを解凍する ([Zipパッケージのアップロード]オプション)
  2. zipされたままファイルを保持する ([ファイルのアップロード]オプション)

始める前に

カスケーディングスタイルシート (CSS) を含めた、ファイルのコレクションまたは授業全体を作成し、パッケージにzipして、コンピュータからコースファイルにアップロードできます。

  ファイルの解凍 

ナビゲーション、画像、URLリンク、および文書を使用して相互に関連付けられた複数のページを持つ授業を作成できます。コンテンツをパッケージにzipし、それを[Zipパッケージのアップロード]オプションでコースファイルにアップロードできます。zipされたファイルをこの方法でアップロードすると、システムによってコンテンツが自動的に解凍されます。コースにコンテンツを作成するときに、スタートページを選択して、解凍されていないパッケージへのリンクを作成できます。コース内で、学生がスタートページのリンクをクリックし、授業を表示します。

必要に応じて、[コースファイル]に、解凍したパッケージのコンテンツ用のフォルダを作成します。多くのファイルやフォルダが格納されたパッケージを解凍する際、フォルダにコンテンツを含めると役に立つ場合があります。

利点:zipで圧縮した新しいファイルを削除してアップロードしなくても、授業のコンテンツのどの部分も編集でき、編集したファイルは上書きできます。コース内のすべてのリンクは変更されません。詳細については、「コースファイル内のファイルの上書き方法」を参照してください。

解凍したパッケージのコースでの使用

コンテンツエリアの[コンテンツ]ドロップダウンリストで[ファイル]をクリックし、[コースの参照]機能を使用して、解凍したコンテンツのスタートページを検索します。学生は、授業のスタートページのリンクをクリックすると授業のコンテンツを順番に、すべてのリンクを保持したまま表示できます。スタートページのリンク名を変更し、解除されたパッケージでのファイルやフォルダのアクセス権を管理できます。

この例では、最初のページは「開始ページ」という名前が付けられています。

説明または手順が必要であることがタイトルからはわからない場合は、ファイルではなく、項目コンテンツタイプを作成できます。項目の作成時に、コンテンツエディタで[ファイルの挿入]機能を使用してスタートページを選択すると、[新しいウィンドウで開く]オプションを選択できます。

  ファイルは変更されない

学生がプレゼンテーションで使用する画像をいくつか含める必要があります。[ファイルのアップロード]オプションを使用して、zipされたパッケージをコースファイルにアップロードします。ファイルはzipで圧縮されたままになります。コースにコンテンツを作成するときに、zipで圧縮したファイルへのリンクを作成できます。コースで学生はzipで圧縮したファイルへのリンクをクリックしてコンピュータにダウンロードし、パッケージを解凍して、コンテンツを利用できるようにします。