メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コースファイル

教材のリポジトリの作成と維持は、オンラインコースの開発にとって重要な部分です。コースファイルを使用すると、インストラクタは特定のコースのすべてのファイルにアクセスできます。ニーズに合わせて、これらのファイルの整理、表示、管理、およびリンクの作成ができます。

コースファイルは、1つのコースに対するBlackboardサーバー上のファイルの保管場所です。各コース内のコースファイルにはその特定のコースのコンテンツが表示されますが、指導しているその他のコースのコンテンツは表示されません。[コースファイル]にフォルダとサブフォルダを作成して、自分にとって論理的な方法でコンテンツを編成できます。

インストラクタは大量のコンテンツを自分のコンピュータまたはネットワークドライブから[コースファイル]に1回の操作で移動したり、コンテンツの作成中にファイルをアップロードしたりできます。コンテンツをコースファイルに配置すると、ファイルの添付が可能なコース内の任意の場所からリンクできるようになります。コースファイルはWebDAVをサポートし、コンピュータのデスクトップから、またはWebDAV対応アプリケーションによって、コースファイル領域内のファイルの直接アップロード、編集、管理が可能です。

リポジトリ内のコンテンツは、再利用できるコンテンツです。したがって、コース内でファイルへのリンクを削除できますが、ファイル自体はコースファイル内に残されるため、再度リンクすることができます。また、コース内でリンクを作成した後にファイルを変更したり、別のコースファイルフォルダに移動したりしても、リンクは破損しません。

学生はコースファイルにファイルをアップロードできません。コースに参加しているときにコンピュータからファイルを参照したり、ファイルを添付したりできるだけです。学生のファイルは、コースファイルに保存されません。学生は、コースファイルからリンクしたコース内のファイルを表示できます。これらのリンクは自動的に読み取り権を割り当てられます。コースファイル内のファイルやフォルダに割り当てられるアクセス権についての詳細は、「コースファイルへのアクセスの管理」を参照してください。

コースファイルとコンテンツ管理

コースファイルは、すべてのBlackboard Learnコースで使用できるファイルリポジトリです。ただし、教育機関でContent Managementがライセンス付与されている場合は、コンテンツ管理がファイルリポジトリになります。

コントロールパネルの最初のセクションに、ファイルが保存されている場所が示されます。[ファイル]をクリックしてセクションを展開し、コースIDをクリックして、コンテンツフレームにコースファイルを開きます。

コースファイル

  • コンテンツは1つのコース用に保存されます。
  • コース間でコンテンツを共有できません。
  • 学生はファイルを保存または共有する権利を持ちません。

コンテンツ管理

  • 教えている複数のコードのコンテンツを保存できます。
  • コンテンツはコース間および他のユーザと共有できます。
  • 学生にはファイルを保存したり共有したりするためのアクセス権を付与できます。

詳細については、「コンテンツ管理」を参照してください。

コースファイル内のファイルとフォルダの表示

コースIDは、インストラクタがコースにアップロードしたファイルとフォルダを含む最上位フォルダのタイトルです。

コースファイルの機能

  1. パッケージのダウンロード削除などの操作を、1つのファイルまたは複数のファイルとフォルダに対して一度に実行するには、該当するチェックボックスをオンにします。
  2. フォルダの名前をクリックしてコンテンツを表示します。
  3. 項目のコンテキストメニューにアクセスし、[設定の編集]や[コピー]などのオプションを選択します。
  4. 列をソートするには、列のタイトルをクリックします。
  5. [アクセス権]列でアイコンをクリックして、ファイルまたはフォルダを表示、削除、管理できるユーザを表示したり変更したりします。
  6. [ビューリスト](デフォルトビュー)と[サムネイルの表示]を切り替えます。

コースファイル内のリストおよびサムネイルビューの表示

コースファイル内のファイルとフォルダを、ファイル名のリストまたはサムネイルアイコンとして表示できます。ページ上部のリンクをクリックして、ビューを切り替えます。

ビューリスト:コースファイル内のデフォルトビューは、[ファイルタイプ]列に標準の小さなアイコンがあるファイル名のリストです。

サムネイル表示 : このビューでは、各ファイルとフォルダは大きなアイコンで示されます。ページ上部のスライダを使用して、サムネイルのサイズを変更します。

どちらのビューでもファイルおよびフォルダで同じ操作を実行できます。

どのビューを選択したかは、システムに記録され、変更するまで維持されます。