メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

よくある質問 :適応リリース

すっかり混乱しています。2章フォルダをレビュー済みとマークした学生だけが、私の3章フォルダを利用できるようにしたかったのですが、学生たちは2章を見られないと文句を言っています。

3章フォルダではなく2章フォルダに公開条件ルールを適用したようです。公開条件を設定する場合、レビュー済みとマークした項目 (2章) ではなく、適切に公開したい項目 (3章) にルールを適用するように注意してください。

一定の要件を満たす学生に優等単位を提供したいですが、期間の後半にだけアクセスできるようにしたいです。2つの基準を含む公開条件ルールを作成できますか?

はい。基本的な公開条件ルールには、4つの基準を任意に組み合わせることができます。基本ルールを作成するときは、日付と成績の基準を使用してください。基本ルールには同じ基準のインスタンスを複数持つことはできません。たとえば、メンバシップ基準を複数設定することはできません。同じ種類の基準を複数使用したい場合は、詳細ルールを作成します。

すべての公開条件基準を満たす学生が、項目を表示できないと報告してきました。何を確認すればよいでしょうか?

項目が利用可能で、現在の公開基準に矛盾する日付の制限がないことを確認します。どちらも、項目のコンテキストメニューからアクセスできる公開条件 : 詳細ページから確認できます。

日付ルールは、学生に表示される学習モジュールやフォルダにどのように影響しますか?

コースのコンテンツ項目には公開条件を適用できます。コンテンツ項目は、ファイル、リンク、課題、テスト、フォルダ、ツールリンクです。学習モジュール、授業計画、およびフォルダでは、コンテナ全体またはコンテナ内の個々のコンテンツ項目に公開条件ルールを適用できます。

学習モジュール、授業計画、フォルダの個々の項目に日付ルールを適用すると、学生に表示される内容や時期に影響します。ほとんどのインストラクタはテスト以外の項目には日付ルールを適用しませんが、公開のコンテンツに日付を使用する場合の影響について理解しておく必要があります。

 

学習モジュールを追加して、連続表示を強制設定しなかった場合、学生は目次のすべてのコンテンツ項目を表示できますが、未来日付が設定された日付ルールを持つ項目は表示できません。理論的には、学生は項目が公開される前に学習モジュールのコンテンツを確認することができます。通知モジュールを使用する場合、学生は将来その学習モジュールで新しいコンテンツが利用可能になることが通知されます。ただし、学生は通知をオフに設定できるので、通知モジュールが学生へ情報を伝達する唯一の手段とならないように注意してください。

 

学習モジュールの連続表示を強制設定して、モジュール内のある項目に日付ルールを追加した場合は、次が日付が設定された項目になると目次リンクの表が終わります。学生はその日が来るまで残りの目次にアクセスできません。

公開条件ルールを追加する際に従うべき原則 : 常に学生表示ツールを使用して、学生がアクセスできるコンテンツとできないコンテンツを確認します。完全な安全策として、日付ルールはコンテナ全体に適用し、コンテナ内の個々の項目に適用しないようにします。詳細については、「学生表示」を参照してください。