メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ベストプラクティス:公開条件に対するアプローチ

公開条件は、次のようにコースに枠組みを提供できます。

学生の進捗に従ってレビューステータス基準を適用

コースが複数のセクションに分割され、各セクションに概要、参考書、およびショートテストが含まれます。学生がコンテンツでの学習を進め、コンテンツにレビュー済みのマークを付けるのに従って、コンテンツをリリースする必要があります。

  • 常に表示されるように、概要には基準を適用しません。
  • 参考書は、概要がレビュー済みになってから利用できるようにするので、概要を選択した上で、各参考書にレビューステータスルールを適用します。
  • ショートテストは、最後の参考書がレビュー済みになってから利用できるようにするので、その参考書を選択した上で、ショートテストにレビューステータスルールを適用します。

学期の進捗に従って日付基準を適用

コースは、3つのセクションに分割されます。学期全体を通して、これらのセクションを特定の日に利用できるようにする必要があります。

  • 常に表示されるように、最初のセクションには基準を適用しません。
  • 2番目のセクションは、2月1日を過ぎたら利用できるようにするため、セクション内の各項目に日付ルールを適用します。
  • 3番目のセクションは、3月1日を過ぎたら利用できるようにするため、セクション内の各項目に日付ルールを適用します。

補習用に成績基準を適用

追加のコース教材を補習用に作成してあります。

  • この補習用教材には、中間試験の得点が65%以下であった学生が利用できるように、このテストの得点に基づいて成績ルールを適用します。