メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

適応リリースルール

このページ全体を読むか、右上の目次アイコン (File:zu-lu/Learn/9.1_2014_04/Instructor/090_Course_Content/030_Release_Content/020_Adaptive_Release_Rules/table_of_contents_icon.png ) をクリックして、興味のあるトピックを選択します。

公開条件の有効化と無効化

公開条件ツールは、教育機関が利用可否の設定を制御します。

教育機関が公開条件を無効にした場合、作成したルールはまったく表示されません。教育機関がツールを再度有効にすると、以前に設定されていた公開条件ルールがすべて再び表示されます。

基本公開条件ルールの追加方法

基本公開条件ルールでは、1つのコンテンツに対して1つのルールを追加したり、編集したりできます。この単一ルールに対して複数の基準を設定することができます。たとえば、ルールで、コンテンツを利用可能にするために、日付基準とレビューステータス基準の両方を満たすことを学生に要求できます。詳細な適応リリースルールを使用すると、1つのコンテンツに対して複数のルールを追加できます。

[編集モード]を[オン]に変更し、公開条件オプションにアクセスします。

  1. 項目のコンテキストメニューにアクセスし、[公開条件]をクリックします。
  2. [公開条件]ページで、日付やメンバシップなど、[公開条件]ページの1つ以上のセクションに入力します。
  3. [送信]をクリックします。

詳細公開条件ルールの追加方法

詳細公開条件を使用すると、インストラクタは1つのコンテンツ項目に対して複数のルールを追加できます。複数のルールを作成すると、いずれかのルールに一致するコンテンツがユーザに表示されるようになります。各ルールには、複数の基準があります。たとえば、テストで85点を超えているグループAのユーザがコンテンツ項目を表示できるルールを設定できます。同じ項目に対する別のルールでは、特定の日付以降にグループBのユーザが同じコンテンツ項目を表示できます。

どのユーザも満たすことができないルールは、特定のコンテンツ項目へのアクセスを提供しないため、注記が付きます。

  1. 項目のコンテキストメニューにアクセスし、[適応リリース :詳細]を選択します。
  2. [適応リリース:詳細]ページで、操作バーの[ルールの作成]をクリックします。
  3. [ルールの追加]ページでルールの名前を入力し、[送信]をクリックします。
  4. [基準の作成]をポイントし、日付、成績、またはメンバシップを選択して、基準を入力します。[送信]をクリックします。
  5. 操作バーの[レビューステータス]をクリックして、詳細公開条件ルールに追加します。コンテンツのリリース前にレビューが必要なコンテンツ項目を参照し、選択します。
  6. 項目に対して複数の基準を追加するには、手順6と手順7を繰り返します。

公開条件ルールの編集または削除

基準を編集したり、基本的なルールを削除したりするには、項目のコンテキストメニューにアクセスし、[公開条件]をクリックします。

詳細なルールの場合は、ルールの名前と基準を個別に管理します。

  1. 項目のコンテキストメニューにアクセスし、[適応リリース :詳細]を選択します。
  2. [適応リリース:詳細]ページで、ルールのコンテキストメニューにアクセスします。

    [管理]をクリックしてルール名を編集します。

    -または-

    [基準の編集]をクリックしてトピックを追加、編集、または削除します。

    -または-

    [削除]をクリックして、詳細公開条件ルールと基本公開条件ルールの両方を削除します。

公開条件ルールのコピー方法

新規作成するのではなく、既存の公開条件ルールをコピーすることができます。ルールをコピーした後、名前を変更し、ルールを編集することができます。コピーできるのは、同じコンテンツ項目に含まれるルールのみです。ルールを、別のコンテンツ項目にコピーすることはできません。

  1. 項目のコンテキストメニューにアクセスし、[適応リリース :詳細]を選択します。
  2. [適応リリース:詳細]ページで、ルールのコンテキストメニューにアクセスし、[コピー]をクリックします。
  3. 一覧の最下部にルールの完全なレプリカが表示されます。この名前は、元のルールの名前に「のコピー」が付いた名前になります。
  4. コピーしたルールのコンテキストメニューで、[基準の編集]をクリックして、基準の名前を変更します。

公開条件ルールによる項目の表示制御

公開条件ルールを作成していない場合は、項目の作成中または編集中に設定した項目の利用可否の設定および日付制限に従って、コース内のすべてのユーザが項目にアクセスできます。

項目に対して公開条件ルールを設定した後は、その項目が、これらのルールの基準を満たしているユーザにのみ表示されます。

たとえば、コンテンツエリアに、「はじめに」というコンテンツ項目を作成するとします。この時点では、このコンテンツ項目がすべてのコースユーザに表示されます。次に、項目の利用をグループAのユーザだけに制限するルールを作成します。これで、グループAのメンバのみが「はじめに」を表示できます。その他のコースユーザには表示されません。

次に、テスト1が80点以上だったグループAのメンバだけに制限する別の基準を、このルールに追加します。これで、グループAのメンバを含め、テスト1が80点未満だったユーザには「はじめに」が表示されなくなります。

公開条件ルールを作成しても、ルールの基準を定義していない場合には、すべてのユーザにコンテンツが表示されます。項目に関連付けられている他のルールがある場合でも同じです。基準が1つでも空白になっていると、コンテンツはすべてのユーザに表示されます。

ユーザごとの項目の利用可否の設定の表示

複数の公開条件を作成すると、どのユーザがどのコンテンツにアクセスできるかを憶えておくのが困難な場合があります。[ユーザの進捗状況]ページまたは[活動状況一覧]ページで、特定のユーザがどの項目を利用できるかを確認できます。

[ユーザ進行状況]ページ

[ユーザ進行状況]ページには、コンテンツ項目の表示可能性、およびその項目に関する適応リリースルールがユーザごとに示されます。項目に対して[レビューステータス]が有効になっていると、ユーザが項目をレビューした場合にアイコンが表示されます。そのユーザに対してレビューが登録された日時を示す日付/時間スタンプが表示されます。

項目に対する公開条件ルールを作成していない場合、列の表示/非表示は、単に項目自体の利用可否の設定を基準にします。たとえば、項目が利用可能である場合は、すべてのユーザに対して[表示する]アイコンが表示されます。詳細については、[ユーザの進捗状況]ページを参照してください。

活動状況一覧

[活動状況一覧]ページには、特定のユーザに対する項目、ツール、レビューステータスの利用可否の設定が表示されます。

各ユーザの活動状況一覧の公開条件インジケータでは、コースメニューのツリービューが表示され、コース内のすべての項目が含まれます。各項目の横にあるアイコンは、そのユーザに対する項目の表示設定と、レビュー要件のある項目のレビューステータス (該当する場合) を示します。詳細については、「活動状況一覧」を参照してください。

ルールが設定された項目の学生への表示

学生プレビュー機能を使用して、学生に表示されるコースを確認できます。システムでは、プレビューユーザアカウントと呼ばれる学生アカウントが作成されます。インストラクタは、その学生としてログインし、現在のコースに登録されます。プレビューユーザアカウントで、作成した公開条件ルールをチェックできます。たとえば、ユニットテストが利用可能かどうかがわかるように、コンテンツ項目をレビュー済みとしてマークできます。詳細については、「学生表示」を参照してください。