メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コンテンツのリリース

情報の配信方法をパーソナライズすると、さらに魅力的なコンテンツになります。

コンテンツのリリースをカスタマイズすることで、よりインタラクティブで、それぞれの学生の必要性に合わせて調整されたコースが作成されます。公開条件を使用すると、適切なコンテンツを、選ばれた個人に対して、適切な時期に表示することができます。

コンテンツの利用可否の設定は、次のリリース基準で作成した一連のルールに基づいて制御します。

  日付

指定した日や時間にのみ項目をリリースします。オプションには次のものがあります。正確な日付、特定の日付まで、または定義された期間中。

: コンテンツは特定の順序で表示されます。コンテンツには、クラスで説明したにのみ利用できるようにする必要があります。

: 最終試験を、教育機関で予定されている試験週間にリリースします。

File:zu-lu/Learn/9.1_2014_04/Instructor/090_Course_Content/030_Release_Content/blue_line.png

  メンバシップ

特定のユーザまたはユーザのグループに項目をリリースします。

: コースには、グループが4つあります。各グループに、異なるケーススタディを割り当てます。選択的リリースによって、各グループに割り当てられたケーススタディ課題がそれぞれ、表示されるようになります。

: 特定の学生が、トピックに関する詳細情報を要求しています。

File:zu-lu/Learn/9.1_2014_04/Instructor/090_Course_Content/030_Release_Content/blue_line.png

成績

指定した採点済み項目へのアクセスが試みられたり、ユーザが一定の得点 (一定の数値未満、一定の数値を超える、一定と数値と同じ、または一定の数値の範囲内の) を得たりした時に、項目をリリースします。また、成績管理で集計対象の列に基づいて項目をリリースすることもできます。

: 学生の必要性に合わせたレビュー教材のパッケージを2つ作成します。中間試験の成績が70%以上であった学生は、そのパッケージの1つを、69%未満であった学生は、もう1つのパッケージを受け取ります。

File:zu-lu/Learn/9.1_2014_04/Instructor/090_Course_Content/030_Release_Content/blue_line.png

  既読未読状況

別のコンテンツ項目にレビュー済みのマークが付けられたときに、項目をリリースします。

: 学習を進める責任があると学生が感じるように、記事を読んでレビュー済みのマークを付けるように指示してから、次のコンテンツ項目をリリースします。

基本的な公開条件と詳細な公開条件

基本公開条件では、1つのコンテンツ項目に1つのルールを適用できます。このルールには、4つの基準のすべてを含めることができますが、同じタイプの複数のインスタンスを含めることはできません。項目は、リリースされる前に、ルールに含まれるすべての基準に適合する必要があります。ルールに追加する基準が多いほど、その項目のリリースに対する制限は厳しくなります。これにより、ユーザが項目にアクセスしにくくなります。

詳細公開条件を使用すると、より複雑なリリース基準を設定できます。たとえば、ルールに追加する基準を増やしたり、コンテンツのリリースにさまざまなオプションを指定したりできます。詳細については、「基本公開条件と詳細公開条件」を参照してください。

アクティブな状態の公開条件

3人の教授が、自分たちのコースでの公開条件のさまざまな使用方法を話し合っています。

File:zu-lu/Learn/9.1_2014_04/Instructor/090_Course_Content/030_Release_Content/shelby_small.jpegShelby M.

「私は、コースを構成するユニットが教科書の章に対応するようにしています。

学生がクラスより先に進まないように、各ユニットが特定の日にリリースされるように設定しています。たとえば、ユニット1は、学期が始まったときに利用可能になります。ユニット2は、その次の週までは利用可能になりません。」

File:zu-lu/Learn/9.1_2014_04/Instructor/090_Course_Content/030_Release_Content/maria_small.jpegMaria R.

「私は、追加のコース教材を補習用に作成します。この教材を、コースの学習に特別な助けが必要な学生が利用できるようにします。

この補習用教材は、中間試験の成績が65%以下だった学生が利用できるように設定します。」

File:zu-lu/Learn/9.1_2014_04/Instructor/090_Course_Content/030_Release_Content/tom_small.jpegTom K.

「私のコースは、1週間ごとのフォルダで構成されています。各フォルダには、概要、意見交換、必要な参考書、ショートテストが含まれています。

学生には、ショートテストの前に教材を読んでほしいのです。公開条件を使用して、参考書にレビュー済みのマークを付けるまでは、学生がショートテストを表示できないようにしています。」

ベストプラクティス

コースでの公開条件の詳細な使用方法については、次のトピックを参照してください。

ベストプラクティス :コンテンツリリースの説明

何も説明していないと、項目が突然表示されたときに学生が混乱する可能性があります。なぜ、自分には他の学生とは異なる項目が表示されるのかを不思議に思うかもしれません。学生が混乱しないように、コンテンツのリリース方法についての説明を追加してください。

ベストプラクティス :公開条件へのアプローチ

公開条件を利用してコースに枠組みを提供する方法を学習してください。

詳細公開条件の例

リリースルールに複数の基準を追加する例を調べてください。