メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

記録コラボレーションセッション

ユーザは、セッションの記録を使用してコラボレーションセッションを復習したり、コラボレーションセッションを日付別にアーカイブしたりできます。記録中のセッションは、セッションモデレータが記録を停止するまで、保存済みの記録のリストには表示されません。記録を停止せずにコラボレーションセッションを退出した場合、記録は終了せず、[記録の期間]列には情報が記録されません。

デフォルトでは、セッションの記録は、学生を含むセッションの全参加者が利用できます。必要に応じて、アクセス設定を制限し、セッションの記録に対する参加者のアクセス権を拒否できます。

[セッションの記録]ページにアクセスする方法

  1. [コントロールパネル]で[コースツール]セクションを展開し、[コラボレーション]をクリックします。
  2. セッションのコンテキストメニューにアクセスして[記録]をクリックします。

[記録のプロパティ]ページにアクセスする方法

[記録のプロパティ]ページでは、セッションの記録の名前と利用可否の設定を変更できます。デフォルトでは、ユーザは記録を利用できます。

  1. [コントロールパネル]で[コースツール]セクションを展開し、[コラボレーション]をクリックします。
  2. セッションのコンテキストメニューにアクセスして[記録]をクリックします。
  3. 記録のコンテキストメニューにアクセスし、[編集]をクリックします。

セッション中に、記録の開始、停止、一時停止、および再開を行えます。1回のセッションについて、複数の記録を作成できます。[終了]をクリックしてセッションを停止すると、記録は自動的に停止します。

記録のコントロール

開始 :セッションの記録を開始します。記録に名前を付けるように要求されます。

一時停止 :記録が開始された後、一時停止します。記録を再開するには、再度クリックします。一時停止および一時停止の解除の操作を行うと、記録内にマーカとタイムスタンプが付けられます。

停止 :記録を停止します。記録の最後に、停止マーカーおよび時刻/日付スタンプが含められます。

ブックマーク :セッションの記録の任意の位置にブックマークを挿入します。

ホワイトボードアクティビティの記録

セッションを記録する場合、ホワイトボードツールバーにあるスナップショット機能 (カメラ型のアイコン) を使用して、ホワイトボードの現在の状態をキャプチャし、記録に保存できます。

セッションの記録を再生しているときに、スナップショットがキャプチャされた時間に基づいて、ホワイトボードの画像が更新されます。