メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コラボレーションツール

ユーザは、コラボレーションツールを使用して、リアルタイムの授業およびディスカッションに参加できます。以下に例を挙げます。

  • オンラインクラスルームディスカッション
  • ゲスト講演者の講義
  • 実習デモンストレーション
  • ライブでの質問と回答のセッション

使用できるコラボレーションツールのうち、主要な2つのツールを挙げます。

  • チャット:オンラインでテキストメッセージを交換できます。
  • バーチャルクラスルーム:リンクの表示、デスクトップの共有、ファイル交換、およびチャットを行える共有オンライン環境です。

どちらのコラボレーションも、後で確認できるように記録および保存できます。

必要なJavaプラグインのインストール

Blackboard Learnのコラボレーションツールを使用するには、Java 2 Run Time Environmentが必要です。このプラグインは、ユーザがコラボレーションセッションに参加するときに表示されるページ、またはhttp://java.sun.com/products/plugin/index.htmlからダウンロードできます。

既存のJavaプラグインをアンインストールしてから、新しいバージョンをインストールすることに注意してください。

ブラウザのポップアップブロックについて

コラボレーションツールを正しく機能させるためには、ポップアップウィンドウのブロックをサポートするブラウザを無効にするか、所属する教育機関のWebサイトを信頼済みサイトにする必要があります。

アクセス可能なコラボレーションツールへのアクセス

コラボレーションツールのアクセス可能なバージョンが利用可能です。

このバージョンへのリンクは、[コラボレーションセッション]ページの[参加]をクリックすると表示されます。このリンクを使用すると、コラボレーションツールのアクセス可能なバージョンが開きます。このバージョンでは、コースメニューやグループブラウザ内の項目など、バーチャルクラスルームに表示される項目へのリンクが表示されます。ホワイトボードで作成した文書は、セッションモデレータがスナップショットを取得している場合に表示できます。ユーザが表示できるように、スナップショットへのリンクが作成されます。

ユーザがアクセス可能なバージョンからセッションに参加したり、退出したりすると、すべての参加者にはドアの開閉音が聞こえます。