メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

グループ課題の採点

課題を作成すると、成績管理内に成績列が自動的に作成されます。送信済みの課題で未採点のものは、感嘆符(要採点アイコン)で示されます。

[課題の採点]ページは、[要採点]ページまたは成績管理からアクセスします。詳細については、「[要採点]ページ」を参照してください。

[課題の採点]ページにどちらの方法でアクセスしても、採点プロセスは同じです。

[要採点]ページからグループ課題にアクセスする方法

  1. [要採点]ページで[フィルタ]ドロップダウンリストを使用して、採点する項目のリストを[カテゴリ]、[項目]、[ユーザ]、および[提出日]ごとに絞り込みます。たとえば、リストを[カテゴリ]でフィルタして課題のみを表示したり、[ユーザ]でフィルタして特定のグループを選択したりすることができます。
  2. [移動]をクリックします。フィルタリングされた項目が[要採点]ページに表示されます。任意の列ヘッダーをクリックして、項目をソートします。
  3. 項目のコンテキストメニューをクリックして[すべてのユーザの採点]をクリックし、[課題の採点]ページにアクセスします。

    -または-

    [ユーザの答案]列でグループ名をクリックし、[課題の採点]ページにアクセスします。

  4. [課題の採点]ページが表示され、採点を開始できます。

成績管理からグループ課題にアクセスする方法

成績管理では、提出済みで未採点のグループ課題には、要採点のアイコンである感嘆符が表示されます。すべてのグループメンバのセルには、グループ課題を提出済みかどうかにかかわらず、感嘆符が表示されます。

グループが不正なファイルを送信し、かつ1回の送信しか許可されていない場合、グループが再送信するにはこの試行をクリアする必要があります。

  1. 成績管理で、グループ課題列のコンテキストメニューにアクセスし、[答案の採点]をクリックします。

    -または-

    感嘆符が付いたグループ課題に対して、任意のグループメンバのセルを探します。セルをポイントし、コンテキストメニューにアクセスします。[グループの答案]をクリックします。

  2. [課題の採点]ページが表示され、採点を開始できます。

インラインでの課題の採点

[課題の採点]ページで、インラインビューアで表示されるようにアップロードおよび変換されたファイル上で、ブラウザ内に直接注釈を付けることができます。グループの成績を割り当て、フィードバックを提供し、自分用にメモを作成することもできます。

提出されたファイルが採点画面内で開きます。採点画面で表示できるサポート対象の文書のタイプは、Word (DOC、DOCX)、PowerPoint (PPT、PPTX)、Excel (XLS、XLSX)、およびPDFです。元の形式設定と組み込み画像は保持されます。グループがサポートされていないファイルをアップロードすると、このファイルをダウンロードするように求めるプロンプトが表示されます。

コンテンツエディタで作成した課題の提出物は、インライン採点とは互換性がありません。このタイプの提出物もウィンドウに表示されますが、注釈は利用できません。

インライン採点機能の詳細については、「課題の採点」を参照してください。

匿名採点

グループ課題を作成したときに匿名採点を有効にしていた場合、次のようにして、グループが特定される情報が非表示になります。

成績管理での処理 : グループ課題の期限を過ぎるか、すべての答案が提出された後、グループ課題の列にアクセスして[答案の採点]をクリックします。匿名採点を有効にした列ではすべてのセルが灰色表示されているため、どのグループが提出したのかはわかりません。

[要採点]ページでの処理 :採点が必要な項目を絞り込み、採点するグループ課題のみを表示します。[ユーザの答案]列で、すべての識別情報は「匿名グループ」と答案IDで置き換えられています。グループ課題のコンテキストメニューから、[すべてのユーザの採点]をクリックして採点を開始します。

どちらのアクセスオプションを使用した場合でも[課題の採点]ページが開きます。このページで、通常どおりに提出物を表示し、インラインで採点できます。グループ間を移動するたびに、操作バーでグループ名が「匿名グループ」に置き換えられます。キューに入れられている採点可能なグループ項目数を表示することもできます。

詳細については、「匿名採点」を参照してください。

委託採点

グループ課題を採点するときは、複数の採点者からの成績とフィードバックを使用すると、信頼性を高め、偏見をなくすのに役立ちます。クラスの規模が大きい場合は、採点作業を分担することもできます。

委託採点者はインストラクタと同じ手順で採点しますが、表示されるグループ課題の答案数はインストラクタが選択したオプションによって異なります。たとえば、各採点者にグループ課題をランダムまたは部分的に採点するように依頼したり、すべての採点者にすべてのグループ課題を採点するように依頼したりすることができます。その後、各成績を比較し、最終的なグループ成績を付けることができます。

詳細については、「委託採点」を参照してください。

個々のメンバのグループ成績の変更

メンバの成績を編集して、グループの成績とは異なる成績を個々のグループメンバに割り当てることができます。グループメンバの成績を変更し、かつ新しいグループ成績を付与した場合は、個人の新しい成績は新しいグループ成績の影響を受けません。個々のメンバは1つの成績しか確認できません。メンバの成績をお互いに確認することはできません。個人の新しい成績は、グループの他のメンバには表示されません。

採点サイドバーで、鉛筆アイコンをクリックして、1人のメンバのグループ成績を変更します。新しい成績を入力し、チェックマークアイコンをクリックして保存します。これは成績を上書きします。

グループの成績と個々のグループメンバの編集済み成績も成績管理に表示されます。グループに属していないコースメンバの[グループの課題]列には、灰色表示のセルが表示されます。

メンバの編集済み成績を元に戻す

メンバの編集済み成績を、すべてのグループメンバが受け取っている元のグループ成績に戻すことができます。

採点サイドバーで、編集済み成績のあるユーザの鉛筆アイコンをクリックします。左矢印をクリックして、成績を元のグループ成績に変更します。上書きアイコンが削除されます。変更は成績管理にも反映されます。

グループメンバの追加と削除

グループ課題に成績を付けた後でグループに追加されたメンバは、採点プロセスに含まれていなかったので、成績が付与されることはありません。グループの成績を更新しても、この新しいメンバには成績が付与されません。メンバの[成績の詳細]ページから、新しいメンバに成績を割り当てることができますが、採点時に利用できる提出物はありません。

グループ課題に成績を付け終わっているグループのメンバを削除した場合、成績の更新は、そのグループメンバのセルにも適用されます。グループから削除されたメンバの得点を削除するには、メンバの[成績の詳細]ページの[ユーザの答案の削除]をクリックします。答案の削除の確認を求めるメッセージが表示されます。成績管理のメンバーのセルから、グループ課題の成績が削除されます。