メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コースグループ

グループ作業によって、批判的思考、問題解決、適応性、およびコミュニケーション能力が向上されます。

学生の列

作業を中心にした方法で学生同士のインタラクティブ性を高めることで、学生は知識を得るのではなく、知識を構築していきます。

グループツールを使用して、インストラクタはコース内で学生のグループを作れます。Blackboard Learnには、これらのコースグループがコース学習の共同作業を行うための独自の領域があります。このスペースには、共同作業プロセスを支援するツールが用意されています。

コースグループは自分のグループ領域でのみ、コースコンテンツを議論したり、ファイルを交換したりすることができます。しかし、学生が作業を共同で行う課題を作成することもできます。学生はグループのホームページですべてのグループの課題にアクセスできます。

学生のユーザエクスペリエンス

研究1は、学生がさまざまな方法でグループ作業から恩恵を受けることができることを示しています。

  • 学生は、他の指導方法よりも長期間、情報を記憶します。
  • グループメンバの視点は、新たな題材を学ぶ別の機会を提供します。
  • 学生は、コース教材に対して肯定的感情を抱きます。
  • 仲間との良好な関係を確立している学生は、より肯定的な学習体験を持つことになります。
  • グループ作業の成功は、学生自身の自尊心の向上をもたらします。
  • 学生は自身のソーシャルスキルとコミュニケーションスキルを高めます。
  • 学生は批判的思考スキルを高めます。

学生向けトピックへのアクセス

Blackboardのヘルプの学生セクションにあるトピックにアクセスして、学生と同様にグループを表示できます。学生の側に立って考えることで、グループ設定や手順に含める内容を決定する際にそれを反映することができます。

学生の見解と、学生が抱いている疑問の一部が示されたリストを確認するには、「グループ」を参照してください。

リストされているフォルダにアクセスすると、Blackboardのヘルプの「学生」セクションにある情報が表示されます。確認を終えたら、ページの最上部にあるドロップダウンリストで[インストラクタ]のロールを選択し、インストラクタのトピックの表示に戻ってください。

ベストプラクティス

コースでグループツールを使用する方法の詳細については、次のトピックを参照してください。

ベストプラクティス :グループコラボレーション

共同学習のメリットはグループアクティビティを導入するときに対処すべき困難をはるかに超えるものであることがわかります。

ベストプラクティス :グループの提供

学生がまさにグループを必要とするコース内のさまざまな領域で、学生にグループを提供できます。目的の達成に役立つ方法を判別するための例を示します。

ベストプラクティス :グループメンバシップ

コースの学生数と、インストラクタがどの程度学生のことを知っているかは、グループ作業やコラボレーションのメンバを選択する方法に影響を与える可能性があることを理解します。

ベストプラクティス :グループのアセスメント

グループプロジェクトについて個人の成績を決めることは、場合によっては難しい作業です。相互評価、ルーブリック、進捗レポートの理解を深め、グループの成績を付けるときにそれらをどのように役立てることができるかを理解します。

ソース:1 "44 Benefits of Collaborative Learning." gdrc.org n.d. Web. 12 Nov. 2009.