メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ディスカッションの設定

オンラインコースにおけるインタラクションの最も一般的な形態は、掲示板で、インストラクタによって確立されたフォーラムを使用して行う方法です。掲示板における参加と対話は自然に発生するわけではありません。コースの設計に意図的に盛り込む必要があります。魅力的で質の高いディスカッションを促進するには、ディスカッションのテーマを入念に工夫し、質問を作成します。

参加を促進するには、学生に匿名での投稿を許可することを検討してください。また、学生に新しいスレッドの作成を許可します。この柔軟性により、メンバが自身のアイデアや質問を投稿することが促進されるでしょう。また、ディスカッションを採点したり、ディスカッションの内容に基づいた試験問題を追加したりして、刺激を与えることもできます。

適切なオンラインディスカッションの醸成

学生が掲示板を使い始める段階で、安心感を与え、ガイドラインを提供することができます。

次のリストに、コミュニティの構築と課題の遂行に役立つ適切なオンラインディスカッションを醸成するための4つの手順を示します。

  1. 参加要件の定義
    • 参加者に求められることを周知します。学生がエチケットについて参照し、採点情報にアクセスできるフォーラムを作成します。
    • 正しいオンラインインタラクションの手本を示し、適切な振る舞いをほめて強化します。
  2. 効果的な質問の考案
    • マルチメディアのリソースを質問に組み込むことで、テキストのみで構成される対話の単調さを軽減します。YouTube™のような知名度の高いサービスを利用すれば、クリップを視聴して返信するよう学生に求めることができます。
    • マッシュアップ機能を使用して、画像、動画、およびスライドプレゼンテーションを質問に組み込みます。学生が自身の返信にマッシュアップを追加することもできます。
  3. 新しいアイデアの促進
    • 掲示板のほとんどの投稿が同意を示し、アイデアを疑問視する意見が十分でない場合には、姓がA~Mで始まる学生が一方の意見を支持し、N~Zで始まる学生がその反対意見を支持するような割り当てを試してみてください。
  4. 管理
    • 意見の明確化、リソースの提供、投稿しない参加者の発言を求めることで、インストラクタの存在感を確立します。

推奨されるフォーラム設定

フォーラム設定によって、掲示板をさまざまな方法で使用できます。たとえば、フォーラムを完全に制御する場合は、インストラクタがすべてのスレッドを作成し、投稿を管理して採点します。学生主導のディスカッションの場合は、学生が新しいスレッドを作成して匿名で投稿できるようにします。

次の表に、掲示板のフォーラムの動作を制御する方法をいくつか示します。

フォーラム設定および例
目標 フォーラム設定
アイデアの独創性と多様性を促す 学生に最初に投稿を求めるフォーラムを作成できます。このフォーラムでは、学生自らが投稿して初めて、他のクラスメイトの投稿を閲覧したり投稿に返信したりすることができます。
効果的なソーシャルフォーラムを目指す 学生が採点を気にせずに投稿できるように、匿名での投稿を許可します。学生が匿名で投稿できるようにすることは、コースが始まったばかりで、学生がディスカッションに慣れる途上にある場合に重要です。
品質と振る舞いを監視する モデレータに対して、公開する前に各投稿を確認するよう割り当てます。
学生がディスカッションを制御できるようにする 学生に、投稿の編集、削除、および評価を許可します。また、学生に新しいスレッドの作成およびディスカッションの指揮を許可することもできます。
厳格に制御したフォーラムを運用し、フォーラムを使用して学生の成績を評価する 採点と管理のオプションを選択します。学生を確実に既存のスレッドに集中させる場合は、新しいスレッドの作成を許可しないでください。
作成者自身が発行した投稿の編集を許可 成績を付けた後は、スレッドをロックすることを検討してください。ユーザはロックされたスレッドを変更できません。

一部の設定は組み合わせて選択することができません。たとえば、フォーラムまたはスレッドを採点する場合、匿名投稿は許可できません。また、スレッドの採点を有効にした場合、メンバは新しいスレッドを作成できません。

掲示板へのアクセス

ユーザは、いくつかの方法で掲示板にアクセスできます。コースメニューおよびコース領域に、カスタマイズしたリンクを追加できます。コース領域に掲示板へのリンクを追加することで、学生は他のコースコンテンツとこのツールに同時にアクセス可能になります。

インストラクタとして、[コントロールパネル]で[コースツール]セクションを展開し、[掲示板]をクリックします。このリンクから、コースの掲示板にアクセスしたり、コース内のグループのグループ掲示板にアクセスしたりします。

コースメニューにディスカッションリンクを追加する方法

コースメニューにリンクを追加することで、ディスカッションツールにワンクリックでアクセス可能になります。リンクの名前をカスタマイズすることもできます。

  1. コンテキストメニューの上にあるプラス記号をクリックします。[メニュー項目の追加]ドロップダウンリストが表示されます。
  2. ツールリンク]をクリックします。
  3. リンクの名前を入力します。
  4. [タイプ]ドロップダウンリストから、[掲示板]をクリックします。
  5. [ユーザが利用可能]チェックボックスをオンにします。
  6. [送信]をクリックします。

新しいツールリンクがコースメニューのリストの最後に表示されます。矢印アイコンを押しながらドラッグして、リンクを新しい位置に移動します。リンクの名前変更や削除を行ったり、受講生に対してリンクを非表示にしたりするには、リンクのコンテキストメニューにアクセスします。

コース領域にディスカッションリンクを追加する方法

掲示板をコース領域に組み込むことで、学生がコンテンツと同じ場所からこのツールにアクセス可能になります。

コンテンツエリアで、講義ノートの後にフォーラムリンクを追加して、提示された教材に関する質問を収集できます。また、課題の後にフォーラムリンクを追加して、実行方法に関する学生の認識を収集することもできます。適応リリースルールまたは日付のアクセス設定制限を追加して、学生のアクセスを制限できます。これにより、掲示板に投稿を追加する前にPDFを読むなど、指定した順序で学生がコンテンツにアクセスできるようになります。

  1. 掲示板や掲示板フォーラムにリンクさせるコンテンツエリアまたはフォルダにアクセスします。
  2. 操作バーで、[ツール]をポイントして、[掲示板]をクリックします。
  3. [リンクの作成:掲示板]ページで、[[掲示板]ページへのリンク]オプションをクリックして、掲示板自体へのリンクを設定します。

    -または-

    [掲示板フォーラムの選択]をクリックし、リストからフォーラムを選択します。

    -または-

    [フォーラムの新規作成]をクリックして、ここで作成するフォーラムへのリンクを追加します。フォーラムの作成時にすべてのフォーラム設定を選択します。新規に作成したフォーラムは、コース内にリンクを追加する際にフォーラムを選択するためのフォーラムの一覧に表示されます。

  4. [次へ]をクリックします。
  5. 次の[リンクの作成:掲示板]ページに、リンク名を入力します。リンク名は50文字以内で入力してください。学生は、この名前をクリックして掲示板またはフォーラムにアクセスします。
  6. オプションで、[テキスト]ボックスに手順と説明を入力します。
  7. [利用可能]オプションで[はい]をクリックします。
  8. [統計情報の取得]オプションで、[はい]または[いいえ]をクリックします。追跡を有効にすると、リンクの閲覧回数、閲覧日時、および閲覧者が記録されます。
  9. [表示開始日]および[表示終了日]チェックボックスをオンにすると、選択した日付が有効になります。表示制限は掲示板やフォーラムコンテンツのアクセス設定には影響せず、表示のタイミングにのみ影響します。
  10. [送信]をクリックします。コンテンツエリアにディスカッションリンクが表示されます。