メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ベストプラクティス:インタラクティブツールの実行

オンラインコミュニティをうまく構築するには、学生同士のやり取りと会話のツールが必要です。会話によって、お互いや自分自身のこと、トピック、仲良くしていく方法を学び、グループの意思決定を行います。会話は時間や地理的条件の制約を受ける場合もありますが、さまざまな会話技術を用いて関係を深めることでコミュニティが構築されます。

学生の報告によると、オンラインコースへの満足度は、インストラクタの存在感と、コラボレーションやコミュニティ感覚の体験に関連します。成功するオンライン学習コミュニティでは、学生は互いにサポートし合い、単独では成し遂げられないことを助け合って達成します。学生が対話し、共通の目標に向かって努力をするところにはコラボレーションが存在します。

Blackboard Learnは、内省、コラボレーション、コミュニケーションのための4つのコミュニケーションツールを提供します。掲示板、ブログ、日誌、Wikiのツールを使用すると、充実した課題を提供し、学生が知識を共有し創造できる本格的な方法で学生を評価できます。

4つのインタラクティブツールのそれぞれが明確な目的を果たします。コースではそれらのうち1つまたはすべてを使用することができますが、組み合わせて使ってもきちんと機能します。コース目標に合ったツールを選択し、学生が最も効率的な方法で対話できるようにします。

推奨用途

次の表で、ツールの推奨用途を見つけてください。各ツールがコースでどのような役割を果たすかを判断するのに役立ちます。ツールのリストを読み進めていくほど、学生側が要求する対話のレベルが上がります。

インタラクティブツールの推奨用途

日誌

学生がインストラクタに自分の考え、質問、心配事を個人的に伝えることができます。

例:

  • 所見を記録するよう学生に求めます。
  • 内容について質問します。
  • ヘルプ領域を特定します。
  • 改善計画を作成します。
  • 目標を設定します。
  • 学習の行程を評価します。
  • 採点対象課題の構想を事前にまとめて送信し、ガイダンスとフィードバックを受けます。

ディスカッション

学生は、自分の考えを表現し、フィードバックを収集して自分の意見や計画を洗練させるのに役立てることができます。

例:

  • プロジェクトや論文のアイデアを投稿し、クラスメートに評価を依頼します。
  • 個々のブログで詳しく考察する前に、トピックについての最初の意見を共有します。
  • Wikiプロジェクトのアイデアのブレインストームを行います。
  • 学生をワークグループに分けるための意見を述べます。

ブログ

学生は学んだことを解釈し、資料の把握内容を披露し、クラスメートに情報を紹介できます。

学生は多くの場合、他の人の注目をひいたり情報を知らせたりするためにリッチメディアを投稿に組み込みます。

例:

  • ケーススタディを解釈します。
  • 書面による採点対象課題の最終ドラフトを提出します。
  • 数週間あるいは全期間にわたって情報を追加し、トピックを分析します。
  • 議論や裏付けの証拠を配信します。
  • テーマについて解説します。

Wiki

学生は一緒にコースコンテンツを作成できます。学生をペアやグループに分けるか、クラス単位で作業を実施します。各コースのメンバは信頼できる情報源であるため、誰でもコンテンツを編集および構成できます。

例:

  • クラスの概要と骨子
  • コースの用語集。
  • リソースリポジトリ。授業に関連した写真、記事、およびメディアファイルへのリンクを投稿するよう学生に求め、それを選んだ理由を説明させます。
  • 実習実験
  • グループプロジェクトのプレゼンテーション
  • 研究ノート。
  • 学生の記事を組み合わせることによる本の構成。シナリオおよびケーススタディに対する学生のソリューション。
  • 最終試験のレビュー。

ツールの組み合わせ

Blackboardのインタラクティブツールを使用すると、豊富な課題を作成し、通常とは別の手段で学生を評価できます。これらの必須ツールを使用すると、建設的なコメント、ガイダンス、およびアセスメントを学生に提供できます。また、目標を達成するためにツールを組み合わせて使用することもできます。

白熱電球   ディスカッション + Wiki

掲示板では、学生はコースのWiki課題について自分の考えを投稿します。学生が考えを提示して投稿が活発になるに従って、トピックが絞り込まれ、作業が分担されます。その後Wikiに移ります。コースのWikiでは、学生がテキスト、画像、リッチメディアを提供して、掲示板で選択したコースコンテンツとトピックをサポートします。

白熱電球   日誌 + ブログ

採点対象のブログを学生に割り当てて、トピックを深く研究するように求めます。時間の経過に伴い、エントリを追加していきます。ただしトピック計画は日誌ツールから始め、そこでガイダンスとサポートを提供します。学生が自分の考えを投稿し、クラス全体がそれを閲覧してコメントできるようにするために、要点を明確にする作業を手伝い、サンプルを作成するように求めます。

白熱電球   ディスカッション + ブログ

最新の講義について詳しく説明する掲示板上で、インターネット上のソースを投稿するよう学生に求めます。次に、学生は自分のブログで、ソースを選択し、その情報をコース教材と統合することで、教室を越えて自分の理解を広げることができます。すべての学生に対し、試験の予想問題を含む2人以上のクラスメートのエントリにコメントを付けるように要請してください。