メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ユーザの管理

[ユーザ]ページにはコース内の登録済みユーザがすべて表示され、各ユーザの設定を管理できます。多くの場合、教育機関は登録された学生のコース登録を処理し、学生のアカウントを管理します。

教育機関側がこれを許可し、適切なアクセス権が与えられている場合は、ユーザの追加と削除や、パスワード、担当、プロフィール情報、およびコースのアクセス設定の変更が可能です。

[ユーザ]ページには、[コントロールパネル]の[ユーザとグループ]からアクセスします。

ユーザの登録について

3種類の方法でユーザを登録できます。これらのオプションは、[ユーザの登録]ドロップダウンメニュー、または操作バーの[一括登録]機能から使用できます。

  • ユーザの作成 : ユーザを作成して自動的に登録します。
  • ユーザを検索して登録 : システムに既存のアカウントを持っているユーザを登録します。
  • ユーザのバッチ登録 : 一度に複数のユーザを登録し、コースのロールを割り当てます。

ユーザの作成方法

インストラクタが新規のユーザを作成できるかどうかは、教育機関側が管理します。

  1. [コントロールパネル]で、[ユーザとグループ]セクションを展開し、[ユーザ]をクリックします。
  2. [ユーザ]ページで操作バーの[ユーザの登録]をポイントし、[ユーザの作成]をクリックします。
  3. [ユーザの作成]ページで、必須情報およびその他の関連個人情報を入力します。
  4. ユーザの担当利用可否の設定を選択します。
  5. [送信]をクリックします。

複数の情報システムを備えた教育機関では、このページの上部にあるリンクから別の情報システムにアクセスして、ユーザを作成する場合があります。

ユーザに関する情報はユーザプロファイルに格納されます。ユーザプロファイルのどのデータフィールドをユーザに表示し、どのフィールドをユーザが編集できるようにするかは、教育機関側が決定します。

ユーザを検索して登録する方法

  1. [コントロールパネル]で、[ユーザとグループ]セクションを展開し、[ユーザ]をクリックします。
  2. [ユーザ]ページで操作バーの[ユーザの登録]をポイントし、[ユーザを検索して登録]をクリックします。
  3. ユーザ名を入力するか、[参照]をクリックしてユーザを検索します。コースに登録されていないユーザのみが、ユーザ検索で識別されます。
  4. ユーザ名を必要な数だけ選択または入力します。複数のユーザ名はコンマで区切ります。
  5. ユーザの担当登録のアクセス設定を選択します。
  6. [送信]をクリックします。

検索されたユーザ:1ページに最大25人のユーザ名が検索結果として表示されます。検索結果が25ユーザを上回る場合は複数のページに表示されます。別々のページに表示される複数のユーザを一度に登録することはできません。この場合は、まず1ページに表示されている登録対象ユーザを選択し、[送信]をクリックします。その後、再度検索を実行し、さらに登録するユーザを選択します。

利用可否の設定:教育機関によって[利用不可]に設定されたユーザは登録できません。コースに登録されているユーザでも、インストラクタが[利用不可]に設定すると、そのユーザは[コース]タブでコースを表示できず、コースにアクセスできません。これらのユーザが、自分がコースに登録されていることを表示できるようにするには、それらのユーザに対してコースを[利用可能]に設定する必要があります。

ユーザを一括登録する方法

[ユーザの一括登録]を使用して、複数のユーザをコースに追加し、それらのユーザにコース担当を割り当てます。システムに存在しないユーザの場合は、そのユーザがシステム内に作成されて、コースに追加されます。ユーザデータがバッチファイルで定義されます。バッチファイルは、システム外で作成する必要があります。一般的な作成ツールは、テキストエディタやMicrosoft Excelです。

インストラクタが新規のユーザを一括登録できるかどうかは、教育機関側が管理します。

  1. [コントロールパネル]で、[ユーザとグループ]セクションを展開し、[ユーザ]をクリックします。
  2. [ユーザ]ページで[ユーザの一括登録]をクリックします。
  3. [参照]をクリックしてバッチファイルを検索し、必要に応じて区切り文字タイプを選択します。
  4. [送信]をクリックします。

バッチファイルの情報

バッチファイルとは、システムにアップロードする多量の情報を格納できるTXTファイルです。各バッチユーティリティには、バッチファイルの作成についての具体的な説明が含まれています。以下のバッチファイルの標準はすべてに共通しています。

  • ファイルタイプは次のいずれかである:TXT (プレーンテキスト) またはCSV (カンマ区切り)。

    ワークシートをCSVファイルとして保存すると、Microsoft Excelバージョン2003以降では各フィールドに二重引用符が自動的に挿入されます。

  • ファイルはDOS形式である必要があります。MacまたはUNIX形式のファイルはDOSに変換してください。
  • 各フィールドは二重引用符で囲みます。例 : "ジョン"
  • フィールド内に引用符がある場合は、次の文字がファイルの終了を示す文字でないことを示すため、エスケープ文字を指定します。エスケープ文字はバックスラッシュ(\)です。たとえば、"\"NICKNAME\""
  • 各フィールドは、カンマ、コロン、またはタブのいずれかで区切る必要があります。[自動]を選択した場合、各バッチファイルには1タイプの区切り文字のみを使用できます。たとえば、"John","Smith"または"John":"Smith"
  • 各レコードは別の行に置く必要があります。たとえば、

    "John","Smith"

    "Samantha","Baker"

  • レコードの間に空白行を含めてはいけません。空白行が処理され、エラーを返します。
  • Blackboardは、ほとんどのブラウザに関連するタイムアウト制限のため、各バッチファイルのレコードが500を超えないようお勧めします。

コースからユーザを削除する方法

コースからユーザを削除すると、完全に削除され、元に戻すことはできません。成績管理情報、アセスメント、課題情報、コース統計など、そのユーザに関連付けられているすべての情報も削除されます。掲示板の投稿、受信メッセージ、およびEメールメッセージは削除されません。削除したユーザとそのユーザに対応する情報をコースにリストアすることはできません。ただし、削除済みのユーザでも、関連付けられていたデータなしで再登録することは可能です。

  1. [コントロールパネル]で、[ユーザとグループ]セクションを展開し、[ユーザ]をクリックします。
  2. [ユーザ]ページで、コースから削除するユーザの横のチェックボックスをオンにします。
  3. [コースからのユーザの削除]をクリックします。
  4. ポップアップウィンドウに、この操作が最終的なものであることを示す警告が表示されます。[OK]をクリックして、ユーザを削除します。

複数のユーザを一度に削除することもできます。

  1. [ユーザ]ページで、ユーザのコンテキストメニューにアクセスし、[コースからのユーザの削除]をクリックします。
  2. ポップアップウィンドウに、この操作が最終的なものであることを示す警告が表示されます。[OK]をクリックして、ユーザを削除します。

ユーザ設定の管理

以下の機能には、ユーザのコンテキストメニューからアクセスします。以下のオプションがあります。

  • 編集:ユーザの個人情報を更新します。
  • ユーザのパスワードの変更 : パスワードを変更します。変更を知らせるEメール通知がユーザに送信されます。
  • コースのユーザロールの変更:ユーザのロールを選択します。この設定は、指導しているコースにのみ影響します。学生やティーチングアシスタント(TA)などの担当の詳細については、「コースの担当」を参照してください。
  • コースのユーザの利用可否の設定の変更:ユーザの利用可否の設定を、[はい]または[いいえ]に設定します。この設定は、指導しているコースにのみ影響します。利用可否の設定は、[ユーザ]ページの右側の列に表示されます。
  • コースからのユーザの削除:ユーザを削除するには、このオプションを選択します。削除を確定するように要求されます。