メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コース構造:ケーススタディ

ケーススタディの方法を使用して、学生に現実世界の状況における批判的思考に対処してもらいます。担当者は、学生が基礎知識を原則に変えてケース全体に適用できるように指導します。実際の状況に置き換え、決定を求めることで、学生は事実に関する知識と分析スキルの必要性を結び付けることを学びます。

コースメニューの項目([ブレインストーム]掲示板フォーラム、[理論の応用]Wiki、[ブログ]など)には、ケーススタディコース内のグループと個人の作業、両方の重要性が反映されています。

このコース構造は、実践的な例を使用して、関連する問題(生態学、公共政策、工学、経済学、社会科学、法律学のクラスなど)を学生に与えるクラスに適しています。

開始しますか?

このトピックを印刷しておくと、コースを構築する際に参照できます。また、「コース構造の使い方」を印刷して、参照用に使用してもかまいません。

コースメニューの使用

次の表では、ケーススタディコース構造に含まれているコンテンツエリアとコースツールについて説明します。

ケーススタディコース構造内のコンテンツエリアとコースツール
コンテンツタイプ 説明
ケーススタディ [ケーススタディ]は、インストラクタが設計する中心的なコンテンツエリアです。これを使用して、受講生を詳細なケーススタディに前もって備えさせます。ケースやトピックで区切ったフォルダを作成し、指示、参考書、講義、課題などの関連する教材をすべて含めます。クラスでケーススタディをディスカッションするときの受講生の責任について、明確なガイドラインを提供します。参加にあたっての基本的なルールをいくつか定め、達成する必要がある具体的な目標について伝えます。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

ブレインストーム [ブレインストーム]掲示板フォーラムでは、正式な課題(各ケーススタディに関連する質問を毎週投稿するなど)や非公式の対話(学生が質問したり、互いの質問に答える)を作成できます。各フォーラムでは、質問するスキルをモデル化し、学生がディベートスキルを練習できるようにします。良いディスカッションは、尋ねるたずねる質問の種類によって生み出され、学生がケーススタディをあらゆる角度から考えるようにします。

詳細については、「掲示板」を参照してください。

理論の応用 [理論の応用]は、学生がコンテンツを共有してコラボレーションできるコースのWikiにリンクしています。ページを一緒に作成して編集するため、チーム環境で対人スキルや問題解決能力を伸ばすことになります。学生は中核的な問題を識別して解決方法を提案するので、分析に積極的に関与するようになります。障害にぶつかったり意見が一致しすぎたりする場合、学生にケースの担当を割り当てることができます。学生は、寄与し続けるにしたがって新しい観点を身に着けることができます。

詳細については、「Wiki」を参照してください。

ブログ 学生は、各自の[ブログ]エントリで理論をテストし、インストラクタやクラスメイトからフィードバックをもらうことができます。励ましを与えたり、背景情報や補足リソースを与えることで、学生が理論を発展できるようにします。学生を、以前の関心と知識のために見逃したかもしれないアイデアに導きます。オプションとして、採点を有効にして、学生のケーススタディに対する全体的な寄与を評価します。

詳細については、「ブログ」を参照してください。

参照 [参照]コンテンツエリアでは、学生が詳しく学習できるように追加の教材を共有できます。ケーススタディが多いと議論が激しくなることがあるため、豊富な情報源を与えることで、学生が自分の理論の発展に使用できる資料を見つけることができるようにします。また、学生はこれらのリソースを使用して、プロジェクトや論文に関するトピックを見つけることもできます。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

予定表 カスタマイズ可能な[予定表]モジュールページでは、学生に対して、[連絡事項]、[マイカレンダー]、[しなければならないリスト]、[最新情報]、[マイタスク]など、現在のコース情報の概要が提示されます。

詳細については、「通知一覧の表示」を参照してください。

コースの概要 [コースの概要]コンテンツエリアでは、学生が学期中にアクセスできる教材を提供します。評価基準、教科書情報、重要な日付など、シラバスや他の基本情報を含めます。

詳細については、「コース領域でのコンテンツの作成」を参照してください。

担当インストラクタ [担当インストラクタ]で、自分、コースに参加する他のインストラクタ、ティーチングアシスタント、およびゲスト講師のプロファイルを作成します。Eメールアドレス、電話番号、営業時間、住所などの連絡先情報を含めます。

詳細については、「連絡先」を参照してください。

成績表 学生は、[成績表]ページで、課題、テスト、Wikiへの投稿、ディスカッションへの投稿など、採点可能な項目のステータスを見ることができます。

詳細については、「成績表」を参照してください。

ツール 学生が1つのページで利用可能なすべてのコースツールにアクセスできるようにします。簡単にアクセスできるように、よく使用されるコースツールをコースメニューに追加します。

詳細については、「ツールのアクセス設定の管理」を参照してください。

ヘルプ Blackboardヘルプには、操作情報が検索可能な形式で含まれています。追加のサポートが必要な学生は、教育機関のコンピュータヘルプデスクにお問い合わせください。

コンテンツエリアとツールへのリンクを名前変更、削除、非表示、または追加することで、コース構造をカスタマイズします。