メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コースおよび組織・グループの担当

コースの担当は、コース内のコンテンツおよびツールへのアクセスを制御します。

教育機関にCommunity Engagementがライセンス付与されている場合は、組織・グループおよび組織・グループでの担当も作成できます。組織・グループは、コースに似ています。

特定の組織・グループに、組織での担当を個別に利用可能にすることができます。これにより、教育機関は、組織・グループ内での方法とは異なる方法で、コース、およびコースの登録ユーザ間の関係を扱うことができます。

各ユーザは、参加している各コースまたは組織・グループの担当に割り当てられます。たとえば、あるコースでティーチングアシスタントを担当しているユーザが、他のコースでは担当が学生である場合もあります。教員はこれらの担当を使用して、コースを保守する責任を一部分散できます。

コースの担当は、コースにユーザを登録するときに設定します。また、登録後にコースの担当を編集することもできます。

既存のコースおよび組織・グループの担当と関連付けられたプロパティと権限を編集できます。また、多くの標準のコースおよび組織・グループの担当をコピーして、カスタムの担当を作成することもできます。

所属教育機関のニーズに合わせてロールを計画し、作成するための参考として、「権限の説明スプレッドシート」を参照してください。このスプレッドシートには、システム担当とコース担当の権限、それらの権限の初期設定、および各権限の説明を持つ総合的なリストがあります。

標準のコースおよび組織・グループの担当について

デフォルトでBlackboard Learnとともにインストールされる標準のコースおよびコミュニティのロールは、次のとおりです。

標準のコースおよび組織・グループの担当
ロール 説明
コース作成者 コース作成者は、コースまたは組織・グループの[コントロールパネル]のほとんどの領域にアクセスできます。この担当は、学生の成績へのアクセスが禁止されるアシスタントに適しています。

学生がコースを利用不可である場合でも、コース作成者はコースにアクセスできます。コース作成者は、コースからインストラクタを削除することはできません。

採点者 採点者は、コースの[コントロールパネル]へのアクセスが制限されます。採点者は、アセスメントやアンケートの作成、管理、配布、および採点で、インストラクタを支援できます。採点者は、成績管理にマニュアルエントリを追加することによっても教員を支援できます。

学生が利用不可のコースは、採点者の担当を持つユーザのコースモジュール、およびコース一覧に表示されます。ただし、コースが利用可能になるまで、採点者はコースに入ることができません。

ゲスト ゲストロールを使用すると、受講予定者、卒業生、および保護者がBlackboard Learnを探索できます。ユーザ、コース、コンテンツは変更されません。ゲストの担当を持つユーザは、未認証のユーザです。

管理者がゲストのアクセスを有効にした場合、インストラクタはコース内の領域を未認証のユーザからアクセス可能にできます。ゲストユーザには、コースや組織・グループの[コントロールパネル]に対するアクセス権がありません。

インストラクタ インストラクタは、コースの[コントロールパネル]に対する最大のアクセス権を持ちます。この担当は通常、クラスの作成、指導、または促進を行う人に割り当てられます。コースが学生に利用不可になっている場合でも、インストラクタの担当を持つユーザはコースにアクセスできます。インストラクタは、[コースカタログ]のコースの説明に含まれます。
学生 学生は、コースユーザのデフォルトの担当です。学生の担当を持つユーザには、コースの[コントロールパネル]へのアクセス権がありません。
ティーチングアシスタント ティーチングアシスタントの担当を持つユーザには、多くのコースの[コントロールパネル]へのアクセス権があります。コースが学生に対して利用不可に設定されている場合でも、ティーチングアシスタントはコースにアクセスできます。

ティーチングアシスタントは、[コースカタログ]のコースの説明に含まれません。ティーチングアシスタントは、インストラクタをコースから削除できません。

継承されている権限:権限と動作は、新しい担当の作成に使用される、既存のコース担当(TAなど)から継承されます。UIを通じてすべての権限を削除しても、新しいロールではこれらの権限が保持されます。たとえば、インストラクタ/TA/採点者からコピーされたカスタムコースロールを持つユーザは、成績表に対する完全アクセス権を持ち、インストラクタ/TAからコピーされたロールを持つユーザには、新しく作成されたフォーラムでのフォーラムマネージャ権限が付与されます。これら非表示の権限により、利用不可のコンテンツに対するアクセス権がユーザに付与され、編集モードの切り替えがUIに表示されます。さらに、これら内在的で非表示の可能性がある権限は、UIでは制御できず、常にアクティブのままになります。上記の表を確認して、これらデフォルトで継承されている権限が新しいカスタム担当に及ぼす影響や、新しいカスタム担当の基本にどの担当を使用すべきかなどを理解してください。

コース担当または組織・グループでの担当を編集する方法

学生とゲストの担当については、管理者は[担当名]と[説明]のフィールドのみを編集できます。

以下の表に使用できるフィールドを示します。[r]は、必須フィールドを示します。

コース担当または組織・グループでの担当の編集で使用可能なフィールド
フィールド 説明
担当プロパティ
コース登録のアクセス設定 [はい]を選択すると、コースの登録処理中にこの担当が利用可能になります。
コースの担当名[r] この担当がコースで利用可能なときに表示される担当名を入力します。ユーザに担当を割り当てるときに見つけやすいように、わかりやすく正確な担当名を選択します。

担当の名前を変更しても、担当の権限は変わりません。たとえば、担当名を「インストラクタ」から「コンテンツマネージャ」に変更しても、その担当を持つユーザのアクセス権は変更されません。

組織・グループ登録のアクセス設定 Community Engagementがある場合のみ使用可能。この担当を組織・グループ登録で利用可能にするには、[はい]を選択します。
組織・グループの担当名 [r] Community Engagementがある場合のみ使用可能。組織・グループで利用可能な場合は、担当名を編集します。担当の名前を変更しても、担当の権限は変わりません。たとえば、担当名を「代表者」から「コンテンツマネージャ」に変更しても、その担当を持つユーザのアクセス権は変更されません。
担当ID[r] この担当のデータベース識別子が表示されます。この識別子は、コースと組織・グループの両方の担当に適用され、変更することはできません。
説明 担当の詳しい説明を入力します。

この説明は、担当をユーザに割り当てるときの[担当]リストには表示されません。正確な担当名の代わりに説明を使用しないでください。

担当の機能
この担当を持つユーザをインストラクタ(P)と同様に処理します [はい]を選択すると、利用不可のコース、[コースカタログ]、およびEメール登録リクエストへのアクセス権がこのユーザに付与すされます。[いいえ]を選択すると、利用不可のコース、[コースカタログ]、およびEメール登録リクエストへのアクセス権は付与されません。
コースファイルに関するこの担当フルアクセス権をユーザに付与します [はい]を選択すると、コースでこの担当を持つユーザに、該当する[コースファイル]ページでの最大権限が付与されます。[いいえ]を選択すると、これらのファイルに対して、デフォルトの読み取り権限のみが付与されます。
組織・グループファイルに関するこの担当フルアクセス権をユーザに付与します Community Engagementがある場合のみ使用可能。[はい]を選択すると、組織・グループでこの担当を持つユーザに、該当する[組織・グループファイル]ページでの最大権限が付与されます。[いいえ]を選択すると、これらのファイルに対して、デフォルトの読み取り権限のみが付与されます。
  1. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[コース/コミュニティロール]をクリックします。
  2. ロールのコンテキストメニューにアクセスし、[編集]をクリックします。
  3. [送信]をクリックします。

コース担当および組織・グループの担当の権限を管理する方法

管理者は、学生とゲストを除く、すべてのカスタムコース/組織・グループの担当、および標準のコース/組織・グループの担当について、100を超える利用可能な権限の許可または制限ができます。

これらの権限により、ユーザに要求されるBlackboard Learnでの作業に密接に対応する、より細分化されたアクセス権をユーザに割り当てることができます。この柔軟性は、コース作成の権限を教育の権限と分けることに重点を置いています。異なる種類の教職員の責任に関する期待を厳密にすることは、教育機関にとって非常に重要です。

たとえば、教育機関は、コーステンプレートを作成するユーザのセットを作成できます。次にコースは、コースの指導を目的とする別のユーザに渡されます。また、コミュニティでのみ利用可能であり、かつコースのインストラクタロールよりも権限が少ないマネージャロールを作成できます。

  1. [管理パネル ]の[ユーザ]セクションで、[コース/コミュニティロール]をクリックします。
  2. [コース/組織・グループの担当]ページで、担当のコンテキストメニューにアクセスします。
  3. [権限]をクリックします。[権限の管理]ページには、管理者が割り当てることができる権限がリストされます。緑のチェックマークは、このロールに権限が割り当てられていることを示します。コースロール権限の詳細については、「権限の説明スプレッドシート」を参照してください。
  4. [権限の管理]ページで、このコース担当または組織・グループの担当に割り当てる権限のチェックボックスをオンにします。ページに表示されている権限をすべて選択するには、列ヘッダーのチェックマークをオンにします。
  5. 操作バーで、[権限の許可]をクリックします。
  6. このコース担当または組織・グループの担当から除外する権限のチェックボックスをオンにします。
  7. 操作バーで、[権限の制限]をクリックします。
  8. OK]をクリックします。