メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

システム担当

システム担当は、ユーザタイプ別に利用可能な[管理者パネル]のセクションを制御します。多くのユーザは、なしのシステム担当を持ちます。これは、そのユーザには[管理者パネル]へのアクセス権がないということです。

システム担当を使用して、管理者権限の一部を他のユーザに割り当てることができます。これにより、日常的な管理タスクを他のユーザに委任できます。たとえば、[ユーザ管理]ページへのアクセス権をインストラクタに付与できます。これにより、インストラクタは[ユーザ管理]ページで、ユーザの作成、ユーザプロフィールの編集、またはコースへのユーザ登録の変更ができます。

管理者権限をすべて持つユーザのみが、システム担当に権限を割り当てることができます。

教育機関にCommunity Engagementがライセンス付与されている場合、1つのユーザアカウントに複数の二次システム担当を割り当てることができます。複数のシステム担当を割り当てると、ユーザにそれらの権限がすべて付与されます。これにより、考えられるすべての権限の組み合わせに対してシステム担当を作成するのではなく、タスクに基づいてシステム担当を作成できます。

管理権限のあるシステム担当を直接ユーザアカウントに割り当てるときには注意してください。この方法でユーザに付与された権限は、Blackboard Learnシステム全体に適用されます。システム担当をドメイン内のユーザに適用すると、そのユーザの権限はそのドメインのみに制限されます。ドメイン内でのシステム担当の適用方法の詳細については、「ドメインについて」を参照してください。

デフォルトのシステム担当について

Blackboard Learnには、デフォルトのシステム担当のセットが含まれています。各システム担当には、事前定義された権限のセットがあります。システム管理者とゲストを除くすべての担当について、権限の追加や削除ができます。

所属教育機関のニーズに合わせてロールを計画し、作成するための参考として、 「 権限の説明スプレッドシート」を参照してください。

一部のシステム担当は、Blackboard Learnの特定のライセンスでのみ提供されています。

デフォルトのシステム担当をコピーして、追加のカスタム担当を作成するときの基礎として使用できます。

このリストに、デフォルトのシステム担当のそれぞれに含まれる基本的な権限をまとめます。

  • カードオフィス管理者:一部のeCommerce機能を管理します。タブ、モジュール、およびタブグループを作成します。
  • コース管理者:コースと登録を管理します。
  • コミュニティ管理者:組織・グループ、掲示板、および一部のブランドとテーマを管理します。
  • eCommerce管理者:eCommerceとeMarketplaceの機能をすべて管理します。タブ、モジュール、およびタブグループを作成します。
  • eMarketplace管理者:eMarketplaceの機能を管理します。
  • ゲスト : 未認証ユーザのデフォルトの担当です。この担当の名前を変更したり、権限を編集したりすることはできません。
  • Learning Environment管理者:タブ、タブグループ、およびモジュールを作成します。コースと登録の作成、インポート、エクスポート、および編集を行います。
  • なし:ユーザ固有のアカウントについて、プライバシーオプションとパスワードを含む個人情報を変更します。
  • オブザーバー:関連付けられた学生について、教材とやり取りを表示します。書き込み権限はありません。この担当の名前を変更することはできません。
  • サポート:コース、組織・グループ、およびユーザの基本機能を管理します。基本的なヘルプデスクのサポートスタッフ向けです。
  • システム管理者:デフォルトのBlackboard管理者です。すべての権限を持ちます。この担当の権限を編集することはできません。
  • システムサポート:ほとんどの管理機能を管理します。Blackboard Learnサービスパック8のデフォルトでは、クイック登録の権限は付与されません。下級システム管理者向けです。
  • ユーザ管理者:ユーザの作成、編集、登録、削除など、ユーザに関するほとんどの機能を管理します。

システム担当の計画について

関連する権限の担当へのグループ化

Blackboard Learnには、1,100を超える権限があります。権限の管理を簡略化する方法の1つは、関連する権限セットを含むシステム担当を複数作成することです。たとえば、Building Blocksの権限をすべて持つシステム担当を作成し、コミュニティの権限をすべて持つシステム担当、コースの権限をすべて持つシステム担当、というように作成します。次に、複数の権限セットを必要とするユーザに、複数のシステム担当を割り当てます。

新しい担当の基礎として、デフォルトの担当を使用できます。詳細については、「システム担当のコピー方法」を参照してください。

ドメイン別のシステム担当の割り当て

ドメインは、Community Engagementがライセンス付与されている場合に限り使用できます。

ドメインはコース、組織・グループ、ユーザ、タブ、およびモジュールをコレクションと呼ばれる定義済みのセットに収集します。各ドメインは1つまたは複数のコレクションを持つことができます。

他のユーザに委任する管理タスクの対象となるユーザ、コース、組織・グループ、タブ、およびモジュールのみを含むドメインを作成できます。次に、そのユーザを、そのドメインの管理者として割り当てます。ドメインの作成、およびドメイン別の管理者の割り当ての詳細については、「ドメインについて」を参照してください。

命名規則の使用

システム担当は、1,100を超える権限の任意の組み合わせを持つことができます。わかりやすく論理的な担当名を使用すると、ユーザに正しい担当を簡単に割り当てることができます。詳細を[説明]フィールドに追加できますが、ユーザ管理画面には、担当名のみが表示されます。

[権限の管理]ページについて

  1. 緑のチェックマークは、担当に権限が含まれていることを示します。
  2. コンテキストメニューから、[権限の許可]または[権限の制限]を選択できます。
  3. 矢印をクリックすると、権限リストの前のページ、または後のページに移動します。二重矢印をクリックすると、権限リストの最初のページ、または最後のページにジャンプします。
  4. [すべて表示]をクリックすると、すべての権限が1ページに表示されます。1ページに表示する権限の数を指定するには、[ページングの編集]クリックします。
  5. この担当について、許可(緑のチェックマーク)または制限付き(チェックマークなし)を基準にして権限をソートするには、[許可]をクリックします。[権限]をクリックすると、権限がアルファベット順にソートされます。ソート順を逆転するには、列のヘッダーをもう一度クリックします。たとえば、1回クリックすると、A~Zの順序でソートされます。もう1回クリックと、Z~Aの順序でソートされます。

システム担当の作成方法

比較的少ない数の権限を持つシステム担当を作成する場合は、このトピックの手順に従います。

数十、または数百の権限を持つ新しいシステム担当を作成する場合、既存のシステム担当をコピーしてから権限を編集する方が簡単なことが多々あります。詳細については、「  システム担当のコピー方法」を参照してください。

  1. [管理者パネル]の[ユーザ]セクションで、[システム担当]をクリックします。
  2. [担当の作成]をクリックします。
  3. 担当名を入力します。システム担当をユーザに割り当てると、その担当名がユーザインターフェイスに表示されます。
  4. 担当IDを入力します。担当IDは、データベース用の一意の識別子です。[送信]をクリックしてこの担当をデータベースに保存した後、担当IDを変更することはできません。
  5. [説明]を入力します。説明は[システム担当]ページに表示され、他の管理者に担当の詳細情報を示します。ただし、この説明はユーザ管理画面には表示されないので、担当名をできるだけわかりやすいものにしてください。
  6. [送信]をクリックします。 
  7. [権限の管理]ページで、このシステム担当に割り当てる権限のチェックボックスをオンにします。システムロール権限の詳細については、「 権限の説明スプレッドシート」を参照してください。
  8. 操作バーで、[権限の許可」を選択します。
  9. OK]をクリックします。

システム担当のコピー方法

既存のシステム担当をコピーして、新しいシステム担当を作成できます。コピー操作では、既存の担当と同じ権限をすべて持つ、まったく同じ複製が作成されます。コピーの作成後、担当を編集して権限を変更できます。詳細については、「システム担当の権限を変更する方法」を参照してください。

  1. [管理者パネル]の[ユーザ]セクションで、[システム担当]をクリックします。
  2. 担当のコンテキストメニューにアクセスします。
  3. [コピー]を選択します。
  4. 担当名を入力します。システム担当をユーザに割り当てると、その担当名がユーザインターフェイスに表示されます。
  5. 担当IDを入力します。担当IDは、データベース用の一意の識別子です。[送信]をクリックしてこの担当をデータベースに保存した後、担当IDを変更することはできません。
  6. [説明]を入力します。説明は[システム担当]ページに表示され、他の管理者に担当の詳細情報を示します。ただし、この説明はユーザ管理画面には表示されないので、担当名をできるだけわかりやすいものにしてください。
  7. [送信]をクリックします。古いシステム担当と同じ権限を持つ新しいシステム担当が表示されます。

システム担当名を変更する方法

システム管理者、オブザーバー、ゲスト、およびなしを除いて、すべてのシステム担当名を変更できます。担当をデータベースに保存した後、その担当の担当IDを変更することはできません。

  1. [管理者パネル]の[ユーザ]セクションで、[システム担当]をクリックします。
  2. 担当のコンテキストメニューにアクセスします。
  3. [編集]を選択します。
  4. 新しい担当名を入力します。
  5. オプションで、説明を編集します。
  6. [送信]をクリックします。

システム担当の権限を変更する方法

システム管理者の権限をすべて持つユーザのみが、システムロールの権限を変更できます。

[権限の管理]ページに、アクセス権が付与されているユーザインターフェイスのセクション別に権限が表示されます。たとえば、[管理者パネル]でユーザを作成するので、ユーザアカウントを作成する権限は、「管理者パネル(ユーザ) > ユーザの作成」と表示されます。コース教材を削除する権限は、「コース/組織・グループ(コンテンツエリア) > 教材の削除」と表示されます。

Blackboard Learnでは、一部の権限をサブセットにグループ化しています。サブセットに含まれるすべての権限に対して、チェックボックスは1つのみです。

  1. [管理者パネル]の[ユーザ]セクションで、[システム担当]をクリックします。
  2. 担当のコンテキストメニューにアクセスします。
  3. [権限]を選択します。[権限の管理]ページには、管理者が割り当てることができる権限がリストされます。緑のチェックマークは、この担当に権限が割り当てられていることを示します。システムロール権限の詳細については、 「 権限の説明スプレッドシート」を参照してください。
  4. [権限の管理]ページで、このシステム担当に割り当てる権限のチェックボックスをオンにします。ページに表示されている権限をすべて選択するには、列ヘッダーのチェックマークをオンにします。
  5. 操作バーで、[権限の許可」を選択します。
  6. このシステム担当から除外する権限のチェックボックスをオンにします。
  7. 操作バーで、[権限の制限」を選択します。
  8. OK]をクリックします。

ユーザアカウントへのシステム担当の割り当て方法

システム担当は、ユーザアカウントの作成時にユーザに割り当てます。すべてのユーザアカウントが、一次システム担当を持つ必要があります。デフォルト値は[なし]で、これはそのユーザに[管理者パネル]へのアクセス権がないということです。

また、ドメイン内でシステム担当を適用することもできます。ドメイン内でシステム担当を適用すると、ユーザの担当の権限がその特定のドメイン内のデータに制限されます。

  1. [管理者パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  2. ユーザを検索します。詳細については、「ユーザーの検索方法」を参照してください。

  3. ユーザのコンテキストメニューにアクセスします。
  4. [編集]を選択します。
  5. [システム担当]の見出しまで下にスクロールします。
    1. システム担当をクリックして選択します。
    2. 矢印をクリックして担当を移動します。
    • 一次システム担当の追加や変更を行うには:[使用可能な担当]のシステム担当をクリックし、[一次システム担当]ボックスの横にある右矢印をクリックします。
    • 二次システム担当の追加や変更を行うには:Community Engagementがライセンス付与されている場合に限り使用できます。[使用可能な担当]リストから、担当を1つ以上選択します。[二次システム担当]ボックスの横にある右矢印をクリックします。

      Windowsでは、リスト内の複数の項目を選択するには[Shift]キーを押しながら、最初の項目ユーザと最後の項目ユーザをクリックします。連続していない項目を選択するには、[Ctrl]キーを押しながら必要な項目をそれぞれクリックします。Macの場合は[Ctrl]キーの代わりに[command]キーを押します。

    • 二次システム担当を削除するには:Community Engagementがライセンス付与されている場合に限り使用できます。[二次システム担当]リストから、担当を1つ以上選択します。左矢印をクリックして、担当を削除します。
  6. [送信]をクリックします。