メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ユーザアカウント

ユーザがBlackboard Learnで実行できることは、ユーザアカウントに付与されたセキュリティ権限によって異なります。管理者は、担当を作成し、作成した担当をユーザのアカウントに割り当てることで、セキュリティ権限をユーザに付与できます。ユーザは、各自のロールで許可されているBlackboard Learnのすべての機能にアクセスできます。

Blackboard Learnのインストール時には、管理権限を有する3つのユーザアカウントが作成されます。これらのアカウントの1つを、システム管理者と呼びます。このアカウントを、デフォルトの管理者アカウントと呼びます。

管理者は、デフォルトの管理者アカウントを使用して、他の管理者アカウントを含むその他のユーザアカウントを作成します。これにより、管理者は、ユーザアカウントの管理、コースの作成、登録リクエストの処理などの特定の管理タスクを委任できます。

デフォルトの管理者アカウントについて

Blackboard Learnのインストール時には、管理権限を有する3つのユーザアカウントが作成されます。

  • 管理者
  • ルート管理者
  • 統合

管理者

システム管理者のアカウントは、Blackboard Learnの管理者権限をすべて有します。新規ユーザを作成するまでの間ログインできるのは、このアカウントとルート管理者アカウントのみです。

システム管理者のアカウントのパスワードは、Blackboard Learnのインストール中に設定します。

ルート管理者

ルート管理者アカウントは、[管理者]パネルからのバーチャルインストールの管理を含む、完全な権限を有します。root_adminアカウントのユーザが管理者パネルを表示すると、[バーチャルインストールの管理]リンクがパネルの最上部に表示されます。root_adminアカウントのユーザは、このリンクから任意のバーチャルインストールにログインして、[バーチャルインストールの管理]機能にアクセスできます。

このアカウントのパスワードは、Blackboard Learnのインストール中に設定します。

お使いのライセンスにバーチャルインストールの使用が含まれていない場合でも、ルート管理者アカウントは作成されます。root_adminアカウントは、ルート管理者のプロフィールを編集するページで変更できます。

統合

統合ユーザは、スナップショット操作を円滑に行う目的でのみ使用されます。GUI経由のログインにこのアカウントを使用することはできません。GUIのユーザリストには表示されません。このアカウントのパスワードを変更するには、[管理者]パネルから[統合パスワード]機能を使用してください。

統合アカウントのデフォルトのパスワードは、Blackboard Learnのインストール中に設定します。

ユーザアカウントの作成方法

管理者は、ユーザアカウントを1つずつ作成することも、一括作成することもできます。バッチファイルを使用して複数のユーザを作成する方法の詳細については、「ユーザアカウントを一括作成する方法」を参照してください。

  1. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  2. 操作バーで[ユーザの作成]をクリックします。

    以下の表に使用できるフィールドを示します。[r]は、必須フィールドを示します。

    ユーザアカウントで使用可能なフィールド
    フィールド 説明
    個人情報
    タイトル ユーザの名前の前に付ける敬称を入力します。たとえば、「Dr.」、「Mr.」、または「Ms.」と入力します。
    氏名(名)[r] ユーザの氏名(名)を入力します。このフィールドは必須です。
    ミドルネーム ユーザの氏名(名)を入力します。
    氏名(姓)[r] ユーザの氏名(姓)を入力します。このフィールドは必須です。
    接尾辞 ユーザの名前の後に付ける敬称を入力します。たとえば、「Jr.」、「III」、または「Ph.D」と入力します。
    他の名前 このユーザの別名を入力します。たとえば、結婚や離婚によりユーザの名前が変わっており、教育機関がこの学生のレコードを両方の名前で記録している場合は、もう1つの名前をここに入力します。
    Eメール ユーザのEメールアドレスを入力します。このフィールドは推奨オプションです。詳細については、「Eメールアドレスの使用方法」を参照してください。
    学生ID 教育機関が指定したユーザの学生IDの名前または番号を、入力します。
    アカウント情報
    ユーザ名[r] 新しいユーザのユーザ名を指定します。このフィールドは必須です。ユーザ名にはASCII文字0–31、スペース、または次の特殊文字は使用できません。& # + < > % = / \

    以下の特殊文字は、ユーザ名に使用することが明示的に許可され、サポートされています:_ - . @

    以下の特殊文字はユーザ名に使用できますが、予期しない問題が発生する可能性があるため、使用しないことをお勧めします。( ) [ ] { } : ; , | ? ! ` ~ ' ^ " * $

    たとえば、カンマと引用符は、JavaScriptまたはフォームの処理中のリストで問題を発生します。

    パスワード[r] ユーザアカウントのパスワードを入力します。パスワードは1文字以上で、スペースを使用することはできません。
    パスワードの再入力[r] 正確性を保証するために、ユーザのパスワードを再度入力します。
    その他の情報
    性別 ユーザの性別を入力します。
    生年月日 ドロップダウンリストから、ユーザの生年月日を選択します。
    学歴 ユーザの学歴を入力します。
    所属 ユーザの氏名(姓)を入力します。
    役職 ユーザの役職を入力します。
    部門 ユーザの部署を入力します。
    番地1 ユーザの住所を入力します。
    番地2 住所の追加情報を入力します。
    市区町村 ユーザの市区町村を入力します。
    都道府県
    ユーザの都道府県を入力します。
    郵便番号 ユーザの郵便番号を入力します。
    ユーザの国名を入力します。
    ホームページ ユーザの個人WebサイトのURLを指定します。これは完全なURLである必要があります。たとえば、www.blackboard.comあるいはblackboard.comではなく、http://www.blackboard.comと入力します。
    自宅電話番号 ユーザの自宅の電話番号を入力します。電話番号は、入力したとおりに表示されます。電話番号について教育機関が特定の形式を推奨する場合は、その形式を使用します。たとえば、(530) 555-1234、+1 530-555-1234などです。
    所属先電話番号 ユーザの所属先:の電話番号を入力します。電話番号は、入力したとおりに表示されます。電話番号について教育機関が特定の形式を推奨する場合は、その形式を使用します。たとえば、(530) 555-1234、+1 530-555-1234などです。
    所属先ファックス ユーザのファックス番号を入力します。ファックス番号は、入力したとおりに表示されます。電話番号について教育機関が特定の形式を推奨する場合は、その形式を使用します。たとえば、(530) 555-1234、+1 530-555-1234などです。
    携帯電話番号 ユーザの携帯電話番号を編集します。電話番号は、入力したとおりに表示されます。電話番号について教育機関が特定の形式を推奨する場合は、その形式を使用します。たとえば、(530) 555-1234、+1 530-555-1234などです。
    教育機関での担当
    教育機関での担当 リストから、教育機関での担当を1つ以上選択します。右矢印をクリックして、担当を[1次教育機関での担当]フィールドまたは[第2教育機関での担当]リストに移動します。

    教育機関での担当は、ユーザのポータルに表示される内容を制御します。教育機関にCommunity Engagementがライセンス付与されている場合は、教育機関での担当に基づいて、異なるグループのユーザに表示するタブやモジュールを設定できます。詳細については、「教育機関での担当の管理」を参照してください。

    システム担当
    システム担当 リストから、システム担当を1つ以上選択します。右矢印をクリックして、担当を[一次システム担当]フィールドまたは[二次システム担当]リストに移動します。

    システム担当は、管理機能へのユーザアクセスを制御します。詳細については、「システム担当の管理」を参照してください。

  3. [送信]をクリックします。

ユーザアカウントを一括作成する方法

バッチファイルを使用して、大量のユーザアカウントを1回で作成できます。

  1. バッチファイルを作成します。有効なバッチファイルの作成の詳細については、「ユーザアカウントのバッチファイルのガイドライン」を参照してください。前のバージョンのBlackboard Learn用に作成したバッチファイルを使用する場合は、そのバッチファイルの形式が現在のバージョンで正しいことを確認してください。
  2. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  3. 操作バーで[アクションの一括実行]を選択し、[ユーザの作成]をクリックします。
  4. [ユーザの一括作成]ページの[ファイルの場所]フィールドをクリックするか、[参照]をクリックします。
  5. [ファイルのアップロード]ダイアログボックスで、バッチファイルを指定し、[開く]をクリックします。
  6. バッチファイルで使用する区切り文字のタイプを選択します。[自動]を選択すると、バッチファイルが分析され、ファイル内の文字の使用頻度に基づいて区切り文字が決定されます。
  7. [送信]をクリックします。

ユーザアカウントの表示または編集を行う方法

パスワードや特定コースの担当などをはじめとする、ユーザのプロフィールデータの表示と編集ができます。また、[Eメール]列のユーザのEメールアドレスをクリックして、ユーザにEメールを送信することもできます。

  1. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  2. ユーザを検索します。詳細については、「ユーザの検索方法」を参照してください。

  3. ユーザのコンテキストメニューにアクセスし、[編集]をクリックします。
  4. ユーザアカウントを表示するか、編集します。ユーザアカウントフィールドの詳細については、「ユーザアカウントの作成方法」を参照してください。
  5. [送信]をクリックします。

ユーザの登録情報またはメンバーシップを表示する方法

  1. [管理パネル ]の[ユーザ ]セクションで、[ユーザ ]をクリックします。
  2. ユーザを検索します。詳細については、「ユーザの検索方法」を参照してください。

  3. ユーザのコンテキストメニューにアクセスし、[コースの登録]、[コミュニティ登録]、または[アウトカムズメンバシップ]をクリックします。
    • コース、コミュニティ、または結果を表示するには、[開く]をクリックします。
    • コースまたはコミュニティからユーザを削除するには、[管理]をクリックします。[登録]ページで、ユーザのチェックボックスをオンにし、[コースからのユーザの削除]または[組織・グループからのユーザの削除]をクリックします。

ユーザアカウントの権限とアクセス設定を変更する方法

管理者は、異なる担当をユーザアカウントに割り当てることでユーザの権限を変更できます。たとえば、学生がコースでインストラクタを手伝う場合、学生にティーチングアシスタントの担当を追加して、コースのコントロールパネルへのアクセス権を付与できます。その学生がインストラクタを手伝わなくなった場合は、ティーチングアシスタントの担当を削除して、コントロールパネルへのアクセス権を無効にできます。

  1. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  2. ユーザを検索します。詳細については、「ユーザの検索方法」を参照してください。
  3. ユーザのコンテキストメニューにアクセスし、[編集]をクリックします。
  4. [教育機関ロール]で、ロールを追加または削除します。
  5. [システムロール]で、ロールを追加または削除します。
  6. [送信]をクリックします。

全体または一部の管理権限を持つ管理者アカウントを追加作成する方法

デフォルトの管理者アカウントには、すべての管理権限を持つ他の管理者アカウントを作成するためのアクセス権が含まれています。また、アクセス権のセットが異なる複数の担当を作成し、担当をユーザアカウントに割り当てることで、他のユーザに部分的な管理権限を付与することもできます。これにより、管理者は、ユーザアカウントの管理、コースの作成、登録リクエストの処理などの日常的な管理タスクを委任できます。担当の詳細については、「ユーザのロールと権限について」を参照してください。

管理権限を持つ新しいユーザアカウントを作成するには、「ユーザアカウントの作成方法」の手順に従って、ユーザに管理者権限を持つシステム担当を割り当てます。

既存のユーザに管理権限を付与するには、以下の手順を実行します。

  1. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  2. ユーザを検索します。詳細については、「ユーザの検索方法」を参照してください。

  3. 検索結果で、ユーザのコンテキストメニューにアクセスし、[編集]をクリックします。
  4. [システム担当]セクションで、管理の担当をユーザに割り当てます。これは、カスタム担当にすることも、システムのデフォルト担当のいずれかにすることもできます。担当の詳細については、「ユーザのロールと権限について」を参照してください。
  5. [送信]をクリックします。

ユーザのパスワードを変更する方法

ユーザのパスワードを変更する場合、そのユーザに新しいパスワードを通知する必要があります。通知しないと、ユーザがBlackboard Learnにログインできなくなります。ユーザが新しいパスワードを自動的に入手できる方法はありません。パスワードは1文字以上で、スペースを使用することはできません。

  1. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  2. ユーザを検索します。詳細については、「ユーザの検索方法」を参照してください。

  3. 検索結果で、ユーザのコンテキストメニューにアクセスし、[パスワードの変更]をクリックします。
  4. 新しいパスワードを入力して、確認します。
  5. [送信]をクリックします。

ユーザアカウントの利用可能/利用不可を切り替える方法

ユーザアカウント情報を保持したまま、そのユーザによるBlackboard Learnへのログインを防止するには、ユーザアカウントを「利用不可」の状態に設定します。これにより、ユーザのアカウントデータ、コースの登録情報、その他のデータは保持されますが、ユーザはすべてのコースに参加できなくなります。

たとえば、学生が1学期休学した場合、休学している間、そのアカウントを利用不可にできます。学生が復学したときに、そのアカウントを利用可能にします。

ユーザアカウントが利用不可の場合、検索結果やその他のユーザリストを表示すると、ユーザ名の横に赤の「X」が表示されます。ユーザアカウントが利用不可の場合でも、ユーザのEメールアドレスをクリックしてメッセージを送信できます。

教育機関にCommunity Engagement機能がライセンス付与されている場合は、データベース内のユーザアカウントとユーザ登録レコードを無効にできます。[管理者パネル]のユーザリストで、無効なユーザアカウントの前には、赤の「x」が表示されます。

  1. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  2. ユーザを検索します。詳細については、「ユーザの検索方法」を参照してください。

  3. 検索結果で、ユーザのコンテキストメニューにアクセスします。
  4. あるユーザのアクセス設定を変更するには、[利用可能にする]または[利用不可にする]をクリックします。

    -または-

    複数のユーザのアクセス設定を変更するには、各ユーザのチェックボックスを使用します。操作バーの[利用可否の設定]を選択し、[利用可能にする]または[利用不可にする]をクリックします。

ユーザアカウントの削除方法

ユーザアカウントの削除は、ユーザインターフェイスからも、バッチファイルからも実行できます。バッチファイルを使用して複数のユーザアカウントを削除する方法の詳細については、「ユーザアカウントを一括削除する方法」を参照してください。

削除されたユーザレコードをリストアすることはできません。ユーザを削除すると、そのユーザに関連付けられている任意のコースデータも(成績も含めて)削除されます。

  1. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  2. 削除するユーザを検索します。詳細については、「ユーザの検索方法」を参照してください。
  3. 1人のユーザを削除するには、そのユーザのコンテキストメニューにアクセスし、[削除]をクリックします。

    -または-

    複数のユーザを削除するには、ユーザのチェックボックスをオンにします。[削除]をクリックします。

ユーザアカウントを一括削除する方法

バッチファイルを使用して、大量のユーザアカウントを一度に削除できます。

削除されたユーザレコードをリストアすることはできません。ユーザを削除すると、そのユーザに関連付けられている任意のコースデータも(成績も含めて)削除されます。

前のバージョンのBlackboard Learn用に作成したバッチファイルを使用する場合は、そのバッチファイルの形式が現在のバージョンで正しいことを確認してください。有効なバッチファイルの作成の詳細については、「ユーザアカウントのバッチファイルのガイドライン」を参照してください。

  1. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  2. 操作バーで[アクションの一括実行]を選択し、[ユーザの削除]をクリックします。
  3. [ユーザの一括削除]ページの[ファイルの場所]フィールドをクリックするか、[参照]をクリックします。
  4. [ファイルのアップロード]ダイアログボックスで、バッチファイルを指定し、[開く]をクリックします。
  5. バッチファイルで使用する区切り文字のタイプを選択します。[自動]を選択すると、バッチファイルが分析され、ファイル内の文字の使用頻度に基づいて区切り文字が決定されます。
  6. [送信]をクリックします。

ユーザアクティビティ概要レポートを実行する方法

全体的なユーザおよびシステムのアクティビティに関する多数のレポートが利用できます。また、特定のユーザについて、そのユーザのすべてのコースを通じたアクティビティに関するレポートも実行できます。

  1. [管理パネル]の[ユーザ]セクションで、[ユーザ]をクリックします。
  2. ユーザを検索します。詳細については、「100 Search for Users100 Search for Users」を参照してください。
  3. 検索結果で、ユーザのコンテキストメニューにアクセスし、[ユーザアクティビティ概要レポート]をクリックします。
  4. オプションで、コースを選択し、[開始日を選択してください]と[終了日を選択してください]の値を変更します。
  5. [送信]をクリックします。

レポートが正常に実行された後、レポートのコンテンツ管理への保存、レポートのダウンロード、または異なるレポート基準による新しいレポートの実行ができます。