メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

一括通知

一括通知は、システムに一度に大量の通知を追加する動作の一般的な呼称です。ほとんどの一括通知は次の理由により、背景で動作します。

  • 一部のこのインポートの見込みサイズを指定すると、一括通知は完了するまでに非常に長い時間を要することがある。
  • コンテンツの交換メカニズムのほとんどすべてはバックグラウンドタスクであるため、フォアグラウンドで実行する意味がない。

一括通知には2つのタイプがあります。

コンテンツ一括通知は、課題、アンケート、成績など通知の生成が必要なコンテンツに重点を置きます。登録一括通知は、既存の通知に追加する必要があるユーザに重点を置きます。別の言い方をすると、コンテンツ一括通知は通知を作成し、登録一括通知は既存の通知に受信者を追加します。

コンテンツ一括通知

一括通知には2つのタイプがあります。

  • 初回:通知がまったく作成されていないコース、つまりコンテンツのないコースに適用されます。初回の一括通知は、重要な通知の記録のみを生成します。すべての重要な通知の一覧については、「通知タイプ」を参照してください。
  • 完全:通知がすでにあるコース、つまりコンテンツがすでにあるコースに対して適用されます。想定する通知をすべて生成します。

インストラクタが既存のコースに3つの項目をインポートします。(コース文書、期限のない課題、期限のある課題)をインポートしています。この3つのうち、期限のある課題のみ重要と考えています。

コースが空でコンテンツが何もない場合、初回一括通知を開始して、期限のある課題のみ通知を生成します。その他の項目に関する情報は、ダイジェストのEメールで各ユーザに送信されます。

コースが空ではない場合(すでにコンテンツがある場合)、完全一括通知を開始して、3つのコンテンツ項目すべてに通知が生成されます。

ここでの考えは、通常学期の初めに設定されるコースシェルである新しいコースに導入されるコンテンツは、想定する通知すべてをユーザに無差別に送信するべきではないということです。たとえば、学生が個々のURLリンクに十分な注意を払って、コンテンツに関するEメールを個別に受信する可能性は非常に低いです。しかし、学期の後半で導入するコンテンツは、最新情報を通知することに意味があるので、全員に配信する必要があります。

登録一括通知

登録一括通知は、通知作成で設定する項目がないため、コンテンツ一括通知より少し単純です。その代わり、既存の通知に新しい受信者を生成することに専念します。すべての登録一括通知は完全です。つまり、重要な通知のみ記録を生成します。すべての重要な通知の一覧については、「通知タイプ」を参照してください。

一括通知の送信者

次の表は、一括通知を開始するアクションと送信者が作成する一括通知の種類を一覧にしたものです。

一括通知の送信者
インポートの種類 一括通知の種類
コースのコピー コンテンツ/コンテンツと登録
コースのインポート コンテンツ
コースのリストア コンテンツと登録
一括登録 登録
スナップショットのコピー コンテンツ/コンテンツと登録
スナップショット登録 登録
コースのアクセス設定 コンテンツと登録
コマンドラインのインポート コンテンツ
コマンドラインのリストア コンテンツと登録

コマンドラインインポートのインポートコマンドラインのリストアの操作は、通知をすぐに実行します。その他の操作はすべて、キューにあるタスクマネージャから通知を実行します。