メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

コンテンツエディタ

コンテンツエディタは、TinyMCEをベースにした、プラットフォームに依存しないWYSIWYGエディタで、Moxiecode Systems ABからLGPLのオープンソースとしてライセンス供与されています。コンテンツエディタは、多数の新機能と改良された機能を装備し、以前のテキストエディタに置き換わるものです。

コンテンツエディタを使用すると、テキストブロックを作成できるどの場所にでも、完成度が高く活気に満ちたコンテンツを作成できます。詳細については、「コンテンツエディタ」を参照してください。

コンテンツエディタの機能の概要

  • 現在利用可能なほぼすべての主要なWebブラウザでサポートされています。
  • 軽量の編集エンジンは、その他多くのWebベースのHTMLエディタよりも非常に小型であり、ロード処理が高速です。
  • 基本的な書式設定機能のみを含む小型の1行の操作バーと、すべての利用可能な機能を含む拡張操作バーとを切り替えることができます。
  • 箇条書きの番号付けと行頭記号を選択できます。
  • 記号、ブロック引用、水平ルーラー、および絵文字。
  • HTML、およびCSS(カスケーディングスタイルシート)の編集機能。
  • 表の作成と編集の詳細コントロール。
  • 追加したオブジェクトの表示と書式設定の詳細コントロール。
  • グラフィック画像、メディア、マッシュアップオブジェクトなど、さまざまなファイル形式の拡張サポート。
  • WebEQとMathMLの両方に置き換わる、強力で使いやすいビジュアル数式エディタであるWIRIS式エディタ。
  • コンテンツエディタの多言語サポート、およびmyspell/hunspellの辞書形式に基づくカスタムスペルチェック辞書のロード機能による多言語サポート。

アップロードされている辞書のライセンス使用については、所属する教育機関が責任を負います。

コンテンツエディタ機能の利用可否の設定

スペルチェック機能と数式エディタ機能の利用可否を設定するには、[管理パネル]の[ツール/ユーティリティ]セクションで、[ツール]をクリックします。[ツール]ページが表示されます。

数学エディタスペルチェックのアクセス設定は、以下のように設定できます。

  • システムツール:[常にオン]、または[常にオフ]
  • コースツール:[常にオン]、[常にオフ]、[デフォルトでオン]、または[デフォルトでオフ]
  • コミュニティツール:[常にオン]、[常にオフ]、[デフォルトでオン]、または[デフォルトでオフ]

数式エディタ機能とスペルチェック機能は、ゲストユーザやオブザーバからは利用できません。

数学エディタ画像サービスの設定

WIRIS式エディタはフル機能装備の数学エディタで、単純なビジュアル編集ツールを使用して式を作成してから、その式を高品質のコンパクトな.png画像としてコンテンツに埋め込むことができます。

[数式エディタ画像サービス]を設定するには、[管理パネル]の[ツール/ユーティリティ]セクションで、[数式エディタ画像サービス]をクリックします。

[数学エディタ画像サービス]ページが表示されます。

  • サービスのプロトコル:[HTTP(セキュア保護なし)]または[HTTP(セキュア保護)]を選択します。
  • ホスト :ホスト名(Blackboard Learnがインストールされているサーバーと同じにすること)。
  • 画像サービスのポート:使用しているポート番号(80がデフォルト値)。
  • サービスのパス:数学画像ファイルがレンダリングされるホスト上のディレクトリの場所。
  • Codebaseのパス:数学画像サービスアプレットのファイルがインストールされているホスト上のディレクトリの場所。

WIRISで作成された数式エディタは現在、スクリーンリーダーからアクセスできません。

スペルチェック辞書の追加と管理

スペルチェックは、ユーザがテキストブロックを追加できるほとんどの領域で利用できます。スペルチェックには、完全な英語とスペイン語の辞書が含まれています。

スペルチェックはデフォルトで[オン]が設定されています。

辞書の検索

Blackboard Learnは、myspell形式またはhunspell形式の辞書をサポートしています。これにより、ほとんどの言語について何種類かの選択肢から辞書から選択することができます。「myspell」または「hunspell」をWebで検索すると、どのようなオプションが利用できるか調べるのに役立ちます。たとえば、http://extensions.openoffice.org/en/dictionariesを調べてみてください。

コンテンツエディタのスペルチェック機能と互換性があり、目的に合う多数のクリエイティブコモンズライセンスの辞書が見つかります。ただし、ファイルの拡張子をZIPに変更してからパッケージを開いて、パッケージに含まれているハイフネーションおよび類義語ファイルを削除することが必要なことがあります。これらのファイルがあると、Blackboardが辞書にロードされません。ZIPファイルにスペルチェックがある場合のみ、ZIPファイルをBlackboardにアップロードできます。

辞書の追加

スペルチェック辞書を追加または管理するには、[管理者パネル]にアクセスします。[ツール/ユーティリティ]セクションで、[スペルチェック辞書]をクリックします。[スペルチェック辞書]ページに、インストール済みの辞書、およびシステムでの現在のアクセス設定が表示されます。

スペルチェック辞書を追加するには、操作バーで[辞書の追加]をクリックします。

[辞書の追加]ページでは、次のことができます。

  1. 辞書ファイルの選択:[マイコンピュータの参照]または[コンテンツ管理の参照]を使用して、追加する辞書ファイルを指定します。有効な辞書形式には、myspellhunspellがあります。
  2. プロパティの編集:辞書の表示名を入力します。この表示名は、ユーザが別の辞書を選択するときに、コンテンツエディタの[スペルチェック]ドロップダウンリストをクリックすると表示されます。オプションで、[説明]を入力します。
  3. システムの利用可否の設定:[はい]または[いいえ]を選択して、追加した辞書をシステムで利用可能にするかどうかを指定します。
  4. システムの初期設定:追加した新しい辞書をシステムの初期設定辞書にするには[はい]を選択します。追加した辞書を単に選択可能な辞書にするには[いいえ]を選択します。
  5. 辞書を追加するには、[送信]をクリックします。追加を中止するには[キャンセル]をクリックします。

インストール済みのスペルチェック辞書を管理するには、その辞書のコンテキストメニューにアクセスして[管理]をクリックします。[辞書の編集]ページでは、インストール済みの辞書ファイルの変更、およびプロパティ、アクセス設定、およびシステムの初期設定というインストール設定の変更ができます。

インストール済みのスペルチェック辞書を削除するには、その辞書のコンテキストメニューにアクセスして[削除]をクリックします。

コンテンツエディタへの新しいフォントの追加

新しいフォントをコンテンツエディタに追加することで、テキストをコースのユーザにより幅広い方法で表示できます。たとえば、Open Dyslexicと呼ばれる特殊なフォントフェースを追加すると、学生がより正確に読むことをサポートできます。また、Biblestudytools.comからギリシャ語およびヘブライ語のフォントを追加すると、学生がこれらの言語の特殊な文字を入力できるようになります。コンテンツエディタにフォントフェースを追加すると、Blackboard Learn内でコンテンツエディタが表示されるところならどこでも、新しい方法でテキストをフォーマットできるようになります。

事前に若干の計画と準備を行っておくことで、新しいフォントをコンテンツエディタに追加した後、学生と教師に新しいフォントが確実に表示されるようにできます。すべてのエンドユーザは、自分のローカルコンピュータにフォントをインストールしておく必要があります。場合によっては、ユーザは、新しいフォントを表示するためにブラウザでデフォルトフォントを設定する必要があります。新しいフォントを追加する前に、以下を行います。

  • ユーザにフォントをダウンロードする方法を提供します。インターネット上のサイトからダウンロードするためのリンクを提供するか、またはコンテンツ管理を通じてフォントを利用できるようにします。
  • Macユーザ向けおよびPCユーザ向けに、自分のコンピュータにフォントをインストールするためのわかりやすい手順をそれぞれ提供します。
  • Blackboardがサポートしているブラウザ」にデフォルトのフォントを設定するためのわかりやすい手順を提供します。

すべてのリソースが用意できたら、コンテンツエディタにフォントを追加するための準備は完了です。この作業は、言語パックをコピーして編集することで行います。言語パックは、Blackboardのユーザインターフェイスに表示されるすべてのテキストを制御しています。言語パックに新しいフォントオプションを追加する手順については「新しいフォントをコンテンツエディタに追加する」を参照してください。

新しい言語パックを編集してBlackboardにもう一度追加したら、追加した言語パックをシステムで利用可能にして、学生および教師が自分のコースで選択して使用できるようにする必要があります。編集した言語パックをシステムのデフォルトとして設定していない場合は、エンドユーザーに自らのコースの言語パックの設定をするための手順を提供します。

新しいフォントをBlackboard Learnのコンテンツエディタに追加すると、教育と学習の体験の質が向上します。新しいフォントは、創造性を刺激し、他の言語を使用する方法を提供し、また、ユーザがより正確に読むことを可能にします。