メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

フォルダのアクセス権

フォルダの編成

フォルダを編成する場合、ファイルごとにではなく、フォルダごとに権限を管理する方が便利です。たとえば、あるグループプロジェクトで使用されるすべてのファイルが含まれているフォルダを作成します。このようにすると、各種のフォルダに保存されている、別々の項目に対する権限を管理するのではなく、グループのメンバでフォルダ全体を共有できます。

たとえばユーザ名フォルダの、最上位フォルダに対して読み取り権だけを追加します。最上位フォルダに権限が追加または変更された場合はいつでも、プライベートとして指定されているサブフォルダまたはファイルをチェックして、新たな許可が不適切に追加され、保護されている情報が公開されてしまうことのないように確認してください。

フォルダの共有

コンテンツ管理にフォルダおよびファイルを追加する場合は、どのユーザおよびユーザリストによってコンテンツが共有されるのかを必ず念頭に置いてください。フォルダを作成する場合は、すべての項目が同じユーザによって共有されるようにしてください。同じユーザによって共有される項目が別々のフォルダに分散されていると、管理が非常に困難になります。たとえば、教育機関のすべてのユーザに適用される文書の作成を予定している場合は、すべてのシステムユーザで共有されるフォルダを作成してから、特定の項目をこのフォルダに追加していくようにしてください。

ファイルの共有

ファイルは、ファイルに追加されたユーザに対して自動的に利用可能となりますが、他のユーザが項目を参照する場合は共有する必要があります。

ファイルは、ファイルが格納されているフォルダの権限を継承します。つまり、特定のユーザまたはユーザリストがすでに読み取り権および書き込み権を持っているフォルダにファイルが追加された場合、そのユーザは自動的に新しく追加されたファイルに対する読み取り権および書き込み権を持つことになります。

フォルダの上書きオプション

親フォルダに対する権限を編集または追加する場合、ユーザは強制的にすべてのファイルおよびサブフォルダにこれらの権限を継承させるオプションを利用できます。たとえば、フォルダに対する読み取りおよび書き込み権限が追加された場合、フォルダ内の個々の項目の読み取り、書き込み、および削除権限はファイルから削除されます。親フォルダ内のすべてのサブフォルダおよびファイルには、読み取り権および書き込み権が許可されます。

このオプションが選択されていない場合、ファイルおよびサブフォルダは親フォルダに付与されている追加のアクセス権が自動的に許可されますが、既存のアクセス権は削除されません。たとえば、フォルダに対する読み取り権、書き込み権、および管理権が追加された場合、フォルダ内の個々の項目に読み取り権、書き込み権、および削除権がすでに許可されているとすると、ファイルに対する読み取り権、書き込み権、削除権はそのまま残り、管理権が追加されることになります。

フォルダの権限を編集した後、ユーザは項目の権限を編集できますが、これらは次回に親フォルダの権限が変更された時点で上書きされます。このことは、目的およびオーディエンスが同じである項目を1つのフォルダ内に保存しておくと、権限の管理が容易になる理由の1つとして挙げられます。