メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Common Cartridgeコースパッケージ

Common Cartridgeは、IMS Global Learning Consortiumを中心とする、各学習管理システム(LMS)間での共有を推進するためのイニシアチブです。Common Cartridge Extension Building BlockはBlackboard Learnに付属しており、デフォルトでは、管理者とインストラクタがCommon Cartridgeパッケージをエクスポートおよびインポートするのに使用できます。

Common Cartridgeを使用すると、インストラクタや管理者は、Common Cartridgeをサポートしている任意のLMSで使用できるパッケージをエクスポートできます。

サポートする標準

Blackboard Learnは、Common Cartridge 1.0、1.1、および1.2形式のCommon Cartridgeをサポートしています。Common Cartridgeの詳細については、IMS Global Learning Consortiumのサイトを参照してください。

Common Cartridgeのエクスポート仕様

Common Cartridge標準は、柔軟性を実現し、共有を有効にするよう設計されています。多数のLMSで再利用を有効にするため、パッケージの機能は広範囲で利用可能なものに限定されています。

ファイル、項目、掲示板フォーラム、URLリンク、およびアセスメントはエクスポートされますが、特定のコンポーネントは除外されます。たとえば、掲示板フォーラムのトピックはエクスポートされますが、成績は他のLMSでサポートされないのでエクスポートされません。

IMS Common Cartridge標準は、現在すべてのアセスメントの質問のタイプまたは属性をサポートしていません。エクスポートされたテストやプールには、対応していない質問は含まれません。

Common Cartridge標準に従い、以下のコンテンツタイプがサポートされています。

サポートされるコンテンツタイプ
コンテンツタイプ 説明
コースファイル すべてのコースファイルは、/csfiles/home_dir/my_filesディレクトリへのWebコンテンツフォルダとしてエクスポートされます。担当の制約を使って、すべてのユーザに対して使用可能ではないファイルのみでインストラクタへのアクセス権を制限することができます。
掲示板 すべてのコースフォーラムは、グループフォーラムがあればそれも含めて一緒にエクスポートされます。スレッドはエクスポートされません。
アンケート アンケートはエクスポートされません。
プール プールは、1つの質問バンクとしてエクスポートされます。
テスト 指定により、次の質問タイプがエクスポートされます。
  • 多肢選択:個々の解答にフィードバックを提供します。部分的な評価はサポートされていません。
  • 複数解答:個々の解答にフィードバックを提供します。部分的な評価はサポートされていません。
  • 正誤問題
  • 穴埋め問題:最初の解答のみが含まれます。
  • 論文式問題:解答例が提供されます。

その他、次のようなテスト情報があります。

  • 正解および誤答へのフィードバック
  • 一般フィードバック
  • コースファイル内のソースファイルにリンクされた質問文の埋め込みのイメージおよびファイル
  • 単一カテゴリ(質問に複数のカテゴリがある場合、1つだけが含まれます)

除外されるテスト情報およびコンテンツは次のとおりです。

  • インストラクタからのコメント
  • レイアウト情報
  • 添付ファイル
  • ランダムブロック
  • 質問セット
コンテンツエリア Common Cartridgeのエクスポートパッケージは、単一のコンテンツフォルダに1つのコースを配置します。その後、各コンテンツエリアがメインのコースフォルダ内のサブフォルダとしてエクスポートされます。たとえば、Common Cartridgeパッケージをコースからエクスポートした後で再インポートすると、単一のコンテンツエリアにそれぞれ元のコンテンツエリア用のフォルダと、すべてのURLリンクを含むWebLinkコンテンツエリアが含まれているコースになります。

エクスポート時には、次の項目をサポートしています。

  • フォルダ
  • 項目:テキストエディタに入力されたテキストは、HTMLファイルとしてエクスポートされます。添付ファイルは項目の一部としてエクスポートされませんが、コースファイルに保存されている場合はコースパッケージに含められます。
  • ファイル:ファイルは説明のないWebコンテンツとしてエクスポートされ、ファイルへのリンクとして表示されます。
  • アセスメントリンク
  • URL:URLは、関連テキストや添付ファイルなしで、パッケージのWebLinkセクションに追加されます。コンテンツエリアに導入済みの場合は、対応するフォルダ内にも入っています。
  • 掲示板フォーラムへのリンク
基本LTIリンク 基本LTIリンクは、エクスポートとインポートができます。インポートしたCommon Cartridgeパッケージを使用する場合、インストラクタは、コースの[コントロールパネル]の[パッケージとユーティリティ]領域で、LTIリンクが機能するように設定する必要があります。
課題 エクスポートとインポートの両方で課題がサポートされています。これは非常に限定的な形式であり、実際のコンテンツの外部にある情報は一切エクスポートまたはインポートされません。インポート時には、単一の添付ファイルを持った課題が作成されます。このファイルには、リンクを持ったHTMLが使用できます。課題が、メインの組織・グループで使用されていない場合、課題コンテンツエリアにリストアされます。エクスポート時には、説明と添付ファイルが結合された単一のファイルが生成されます。またWebコンテンツは、配置としてマークが付けられる場合があります。
配置 すべてのCommon Cartridge項目について、標準への整合性がエクスポートされます。配置は、その標準がシステムに存在する場合のみインポート時にリストアされます。存在しない場合は、インポートログにログエントリ(情報)追加されます。エクスポートされるのは、ベンダーから提供された外部の標準だけです。カスタム標準は無視されます。

Common Cartridgeのインポート仕様

Blackboard LearnにインポートされたCommon Cartridgeパッケージは、許可されたコンテンツをエクスポート仕様の説明に従って管理します。パッケージはできるだけ多くのコンテンツを共有することを目的としてはいるものの、コースを同一には複製しないことに、管理者およびインストラクタは留意する必要があります。

Common Cartridgeパッケージをインポートすると、コースは中にフォルダとサブフォルダの入った単一のコンテンツエリアに圧縮されます。また、WebLinkコンテンツエリアがコースメニューに追加され、コースパッケージに含まれているすべてのURLへアクセス可能にします。

IMSの仕様

Blackboardパッケージフォーマットは、Blackboard Learnに固有なコンテンツタイプをサポートするように拡張されたIMS Content Packaging Specificationに従っています。

  • IMS Content and Packaging Specification 1.1.2
  • IMS Metadata Specification 1.2.1
  • IMS Enterprise Specification 1.01
  • IMS Question and Test Interoperability Specification 1.2

カリキュラム標準への整合

リリース9.1 SP9現在、カリキュラム標準への整合オプションを使用すると、標準への整合を含めることができます。このコンテキストでは「標準」とは、標準的な記述にリンクしているグローバル一意識別子(GUID)のことです。そのプロバイダによって指定される実際の標準の記述に接続するかどうかは、インストーラの責任です。仕様では、任意のプロバイダがサポートされていますが、BlackboardではAcademic Benchmark標準へのリンクのみに制限されています。

Common Cartridge Building Blockの管理方法

Blackboard Learnをアップグレードすると、Common Cartridge Building Blockの最新バージョンがインストールされます。デフォルトのステータスは[利用可能]に設定されています。

  1. [管理者パネル]の[Building Blocks]セクションで、[Building Blocks]を選択します。
  2. [インストールされているツール]をクリックします。
  3. [Common Cartridge Extension]の行で、[利用可否の設定]と[コース/組織・グループの初期設定]の両方が[利用可能]に設定されているかを確認します。
  4. [設定]をクリックします。
  5. [インストラクタにCommon Cartridgeのエクスポートを許可する]をいずれかに選択します。

    インストラクタがCommon Cartridge形式のエクスポートを許可されていない場合でも、管理者は管理者パネルからこの操作を行うことができます。手順については、「Common Cartridgeコースパッケージ」を参照してください。

    Common Cartridgeのインポートは、この設定による影響を受けません。Common Cartridgeパッケージのインポートのブロックは、Building Blockが[利用可否の設定]列内で[利用不可]に設定されている場合に限り可能です。この設定の場合、インストラクタおよび管理者は、どちらもCommon Cartridgeパッケージをインポートできません。

  6. [送信]をクリックします。

管理者パネルからCommon Cartridgeコースパッケージをエクスポートする方法

  1. [管理者パネル]の[コース]セクションで、[コース]を選択します。
  2. コースを検索します。詳細については、「コースの検索」を参照してください。
  3. コースのコンテキストメニューにアクセスします。
  4. [エクスポート/アーカイブ]を選択します。
  5. [共通カートリッジのエクスポート]をクリックします。
  6. 宛先システムがサポートするCommon Cartridgeのバージョンのチェックボックスをオンにします。
  7. [送信]をクリックします。

コースからCommon Cartridgeコースパッケージをエクスポートする方法

  1. コースの[コントロールパネル]で[パッケージとユーティリティ]セクションを展開し、[エクスポート/アーカイブコース]を選択します。
  2. [共通カートリッジのエクスポート]をクリックします。
  3. 宛先システムがサポートするCommon Cartridgeのバージョンのチェックボックスをオンにします。
  4. [送信]をクリックします。

コースパッケージのダウンロード方法

  1. 自分のBlackboard LearnのEメールアカウントに移動し、コースパッケージの確認Eメールを受信したことを確認します。このEメールには、パッケージのログファイルコンテンツへのリンクが記載されており、アーカイブパッケージが準備されていることを示します。
  2. [管理者パネル]の[コース]セクションで、[コース]をクリックします。
  3. アーカイブするコースを検索します。
  4. コースのコンテキストメニューにアクセスします。
  5. [エクスポート/アーカイブ]を選択します。[エクスポート/アーカイブ]ページには、Blackboard Learnから削除されていない、このコースのエクスポート/アーカイブパッケージがすべてリストされます。すでにダウンロード済みのパッケージも含まれます。ファイル名には、パッケージが作成された日付と時刻が含まれます。
  6. ZIPファイルのコンテキストメニューにアクセスします。
  7. [開く]を選択します。
  8. [ファイルを開く]ダイアログで、[ファイルの保存]オプションを選択し、[OK]をクリックして、アーカイブパッケージをローカルコンピュータにダウンロードします。
  9. オプションで、パッケージをBlackboard Learnから永久に削除するには、ZIPファイルのコンテキストメニューから[削除]を選択します。

Common Cartridgeパッケージのインポート

管理者およびインストラクタは、Common Cartridge 1.0、1.1、および1.2の形式のパッケージを、他のコースパッケージと同じ方法でコースにインポートできます。管理者向けのインポート処理の詳細については、「テンプレートとエクスポートパッケージからのコースの作成 (コースのインポート)」を参照してください。