メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

個々のコースのディスク容量

ディスク容量(クォータ)によって、コースが許容ディスクスペース制限を超えないように監視し、コースがこの制限に近づいた場合にインストラクタに対して警告が送信されます。管理者は、必要に応じて個々のコースに追加ディスクスペースを割り当てることができます。

[コースクォータ]のページのオプションは、コースクォータとレガシファイルストレージを設定します。コースクォータには、プライベートストレージに格納されているファイルは含まれません。コースの総クォータには、レガシファイルストレージクォータ、コースクォータ、プライベートストレージファイルが含まれます。制限を設定すると、コースクォータを超えそうになったときにユーザに通知が出されます。特定のコースにコースクォータを設定すると、デフォルトの設定は上書きされます。

コースのディスク容量の制限には、掲示板の添付は含まれません。

レガシファイルは、Blackboard Learnが実行されているサーバーのローカルディスクに保存されます。Blackboard Learnのリリース9.1より前のバージョンのコース教材に関連付けられているファイルは、レガシストレージに保存できます。これを行うには、ユーザがそのバージョンのBlackboard Learnでローカルファイルのシステムストレージを有効にしておく必要があります。

Blackboard Learnでは、コースファイル、非表示/プライベートストレージ、ローカルストレージなど、複数のストレージタイプを使用しています。コースのディスク容量を算出するときには、コースファイルのみが対象になります。たとえば、ディスカッション掲示板スレッド、ブログ、日誌、およびWikiの添付ファイルは非表示/プライベートストレージに保存されるので、コースのディスク容量の計算には含まれません。

デフォルトのコースのディスク容量を設定する方法については、「デフォルトのコースサイズ制限の設定方法」を参照してください。

個別のコースディスク容量を設定する方法

  1. [管理者パネル]の[コース]セクションで、[コース]を選択します。
  2. コースを検索します。
  3. コースのコンテキストメニューにアクセスします。
  4. [ディスク容量]を選択します。
  5. [コースディスク容量]ページで、[クォータ制限]を選択します。
    • デフォルトのコースディスク容量を使用:無制限。
    • このコースのサイズを制限しない。
    • コースクォータを制限する。ボックスにMB単位で数値を入力します。
  6. レガシファイルストレージ制限のオプションを選択します。
    • デフォルトのコースディスク容量を使用:無制限。
    • このコースのサイズを制限しない。
    • コースクォータを制限する。ボックスにMB単位で数値を入力します。
  7. [送信]をクリックします。