メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

SafeAssign

SafeAssignは、盗作を防止し、言い換えをするのではなく、出典を適切に示す方法を確認する機会を学生に提供するツールです。SafeAssignは、抑止するだけでなく教育的であるため、効率的なツールです。

SafeAssignでは、送信された課題と一連のソースとを比較し、送信された課題と既存の研究作品の重複する領域を識別します。

SafeAssignの動作

SafeAssignは、提出されたペーパーと教材の間で完全な一致と不完全な一致を検出できる固有のテキスト一致アルゴリズムに基づいています。この独自のアルゴリズムによって、提出されたテキストが分析され、複数のデータソースに対して検索されるように、単語や用語が最適化されます。各サービスから返された結果は、検索サービスから返された加重とSafeAssignアルゴリズムによる相対加重の両方に基づいて処理され、オリジナリティレポートで返される結果セットが決定されます。

SafeAssignに対する学生の提出物は、次のような複数のソースと照らし合わせて比較されます。

  • 教育機関の文書アーカイブ : それぞれの教育機関のユーザによってSafeAssignに送信されたすべての資料が含まれています。
  • グローバル参照データベース : 複数の教育機関にまたがる盗作を防止するために、Blackboardのクライアント教育機関の学生によって自発的に提供された、1,500万を超えるペーパーが含まれています。
  • ProQuest ABI/Informデータベース : 1990年代から現在までの1,100以上の出版物のタイトルと約260万件の記事が含まれており、毎週更新されます。
  • インターネット : SafeAssignは、Yahoo!BOSS検索サービスを、基礎となるインターネットインデックスプロバイダとして使用し、一致するテキストをインターネット全体から検索します。
Yahoo Bossで作成

グローバル参照データベース

SafeAssignグローバル参照データベースは、盗作を防止するために学生から自発的に提出されたペーパーのコピーを格納する独立データベースです。このデータベースは、各教育機関がすべてのペーパーを保存している内部データベースとは別に存在します。学生は、自分のペーパーをグローバル参照データベースに送信することなく、自分のペーパーをチェックすることも選択できます。学生は、必ずしもこのデータベースにペーパーを提出する必要はありません。学生はペーパーをデータベースに自発的に送信し、将来的にペーパーを削除しないことに同意します。Blackboardは、送信されたペーパーの所有権を主張しません。

インターネット検索

SafeAssignで使用されるインターネット検索インデックスは、SafeAssignによって実行される大規模な検索クエリで信頼性、パフォーマンス、効率性が得られるように設計されています。これらの検索インデックスは、コンシューマ用のインターネット検索サービスで使用される検索インデックスと同じ頻度では更新できません。通常これらのインデックスは、更新から1~3日間は最新であることが期待できます。これらの検索インデックスの特性とSafeAssignアルゴリズムによって適用される加重の組み合わせが原因で、個々の文または語句について、SafeAssignオリジナリティレポートで返される結果とコンシューマ用のインターネット検索サービスで返される結果が一致しない場合があります。SafeAssignは、提出物にオリジナルでないものが存在しないかどうかを、教育者が効率的に特定するツールとして設計されています。SafeAssignのスコアは、提出物の追加レビューが必要な可能性があることを示す警告インジケータです。SafeAssignのスコアは、盗作の有無を保証するものではありません。

SafeAssignオリジナリティレポート

ペーパーが処理されると、送信されたペーパーのテキストが既存のソースと一致するパーセンテージが詳述されたレポートが生成されます。また、送信されたペーパーが一致を返す場合には、各セクションについて疑わしいソースを表示します。インストラクタは、レポートから一致するソースを削除して再度処理することができます。これは、ペーパーが同じ学生によって以前に送信された作業の続きである場合に役立ちます。

SafeAssignの設定および登録方法

  1. [管理パネル]の[Building Blocks]セクションで、[Building Blocks]をクリックします。
  2. [インストールされているツール]をクリックします。
  3. SafeAssignを探します。
  4. SafeAssignの[設定]をクリックします。
  5. 以下の情報を入力します。
    • 教育機関名

      ローカルサーバーのURL
      ローカルサーバーのURLは、登録システムを検証して、なりすましや、中央サービスデータベースへのハッキングを防止することを目的としています。

    • SafeAssign管理者の連絡先の氏名(名)
    • SafeAssign管理者の連絡先の氏名(姓)
    • SafeAssign管理者の連絡先のEメールアドレス
    • SafeAssign管理者の連絡先の役職
  6. [タイムゾーン]を選択します。これにより、SafeAssignで表示される時間とBlackboard Learnサーバーで表示される時間が一致します。
  7. 提出されたペーパーが一覧表示された表で教員が学籍番号を閲覧できるようにするには、[学籍番号を表示]を選択します。選択しない場合、インストラクタは学生の名前のみ閲覧できます。
  8. [教育機関の公開方針]のテキストを入力します。このテキストは、システム上のSafeAssignにより、すべての課題に表示され、提出物に盗作がないかどうかがチェックされることが学生に警告されます。警告を通知しない場合は、このテキストボックスを空白のままにします。
  9. [グローバル参照データベースアクティビティ]を選択して、SafeAssignを使用した課題をグローバル参照データベースに送信し、他の教育機関から送信されたペーパーを分析できるようにします。選択しない場合、このアクセスは制限されます。
  10. [同意する]を選択して、SafeAssignライセンス契約に同意します。
  11. [送信]をクリックします。
  12. SafeAssignの[設定]をクリックして、[設定]ページを再度開きます。正常に接続すると、[接続ステータス:確立]というメッセージがページ上部に表示されます。

SafeAssignへの接続が正常に行われると、受信側に参加コードが提供されます。この参加コードは、あなたの教育機関および関連する提出データを識別するために使用されます。また、トラブルシューティング時やサーバーの移行時にも役立ちます。

Blackboard LearnでSafeAssignを有効にする方法

  1. [管理パネル]の[Building Blocks]セクションで、[Building Blocks]をクリックします。
  2. [インストールされているツール]をクリックします。
  3. SafeAssignを探します。
  4. [利用可否の設定]列および[コース/コミュニティ]デフォルト列で、[利用可能]を選択します。

コースでSafeAssignを有効にする方法

  1. [管理パネル]の[コース]セクションで、[コース設定]をクリックします。
  2. コースツール]をクリックします。
  3. リストからSafeAssignを見つけて、[オン]を選択します。ゲストまたはオブザーバーはSafeAssignを使用できないことに注意してください。
  4. [送信]をクリックします。

SafeAssignは、Yahoo!BOSS検索サービスを、基本のインターネットインデックスプロバイダとして使用します。

Yahoo Bossで作成

SafeAssignの言語サポート

SafeAssign とラテン語由来の言語

SafeAssignの機能は、言語間の翻訳だけではありません。SafeAssignは、単語の登場頻度や文章構造などの英語固有の言語的特徴に基づいて盗作の可能性を判断するアルゴリズムを使用します。SafeAssignは、公式に英語をサポートしていますが、英語とその他のラテン語由来の言語の類似性により、SafeAssignは、他のラテン語由来の言語から十分な結果または有用な結果を提供できることがあります。ただし、その他の非英語系のラテン語由来の言語は、現在公式にはサポートされていません。

非ラテン語由来の言語向けサポート

SafeAssignは、一致の可能性を判断することを助けるアルゴリズムにおいて定義されている論理により、アジア、アフリカ、または非ラテン語由来の言語に対して拒否または不明な対応をする場合があります。クライアントは、非ラテン語由来の言語でSafeAssignを使用できますが、結果は言語によって異なり、正確である保証はありません。英語以外の言語でSafeAssignを使用するための技術的な制限はありません。

Blackboardは、代替盗作検知サービスであるTurnItInと提携しています。TurnItInはBlackboard Learnと統合されており、世界各国の顧客や非英語系言語のサポートを必要とする誰もが利用できます。詳細については、www.turnItIn.comを参照してください。

よくある質問

BlackboardシステムとSafeAssignシステムはどのようなデータのやり取りを行いますか?

サービスを効率的に提供できるように、SafeAssignには以下の情報を設定する必要があります :

  • 送信の作成者の姓名 
  • 送信の作成者のEメールアドレス 
  • 送信された文書
  • 送信と課題、 コース、 教育機関 、Learnインスタンスの関連付け

この情報はBlackboard Learnと SafeAssignサービス間で伝送されます。

SafeAssignデータベースにはどのようなデータが保存されますか?

上述の同じ情報がSafeAssignデータベースに保存されます。

データ (送信データと保存データの両方) はどのように保護されますか?

Blackboardでは、SafeAssignに保存された文書の安全を確保するために多角的なアプローチを採用しています。これには物理的、ネットワーク、およびアプリケーションレベルのセキュリティのほか、脆弱性管理やサードパーティによるセキュリティ検査が含まれます。

当社の管理ホスト (MH) 環境では、オンサイトの保安要員が1日24時間、365日監視をするなど、厳しい物理的なアクセス制限を行っています。

ネットワークでは、MHチームがSafeAssignホスト環境を冗長スイッチ、ルーター、IPS、ファイアウォール、負荷分散により強化しています。アプリケーションのセキュリティに関しては、SafeAssignがすべての統合製品にTLS (SSL) 暗号化の使用を求めています。さらに、SafeAssignはOAuthを活用して、担当および最小権限のセキュリティ原理に基づいてユーザの承認を厳密に行います。

Blackboard MHでは複数の外部および内部の市販および特注の脆弱性スキャナを導入しています。これらは頻繁に包括的レポートを作成します。これにより、Blackboard MHではアセットの発見とセキュリティの機能を提供し、準拠の監視、脆弱性の検出、必要に応じたパッチおよび監査を可能にします。

上述の制御に加えて、MHセキュリティチームは、サードパーティの監査および業界認証の専門家を採用しています。次のリソースを埋め込むことができます(すべてではありません)。

  • 内部/外部/セキュリティアセスメントと侵入テストを含む、サードパーティによるプロセス改善とポリシーアセスメントが年に1度実施されます。
  • 四半期ごとにサードパーティによる脆弱性スキャンと検証を実施します。
  • Blackboard MHデータセンターはSOC 2 (タイプ2) 準拠です。サービス組織コントロール (SOC 2) は、ホストシステムのセキュリティ、可用性、プロセス統合、信頼性、プライバシーに関連する内部制御に重点を置いたレポートを作成します。

詳細情報

教員によるSafeAssignの使用の詳細については、「課題へのSafeAssignの使用」を参照してください。

学生によるSafeAssignの使用の詳細については、「SafeAssignを使用する課題」を参照してください。