メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Building Blockのインストールおよび管理

管理者は、[Building Blocksのインストール]ページまたはB2Managerコマンドラインツールを使用して、Building Blocksを管理します。

[管理パネル]からのBuilding Blocksの管理

ソフトウェア更新

[管理パネル]の[ソフトウェア更新]セクションでは、Building Blocksを更新したり、新しくリリースされたBuilding Blocksにアクセスしたりできます。詳細については、「ソフトウェア更新」を参照してください。

Building Blocksのインストールまたは更新方法

場合によっては、Building Blocksの新しいバージョンをインストールする前に、既存のバージョンをアンインストールすることが必要な場合があります。Building Blocksを上書きできない場合は、次の方法を試してみてください。

Building Blocksをインストールするには、既存のBuilding Blocksをダウンロードするか、新しいBuilding Blocksを作成する必要があります。

負荷分散環境または分散環境では、Blackboard Learnによって、他のすべてのノードに情報が自動配置されます。

  1. [管理パネル ]の[ Building Blocks ]セクションで、[ Building Blocks ]をクリックします。
  2. [インストールされているツール]をクリックします。
  3. [Building Blocksのアップロード]をクリックします。
  4. [参照]をクリックして、Building Blocksの.warファイルを指定します。このファイルが.zipファイルの場合もあります。

    Blackboardは、http://www.blackboard.com/Support/Extensions.aspxでBuilding Blocksのカタログを管理しています。Building Blocksの作成方法の詳細については、「Building BlocksのAPIとWebサービスの仕様および変更内容」を参照してください。これらのファイルは、behind.blackboard.comにあります (英語版のみ)。

  5. [送信]をクリックしてファイルをBlackboard Learnに送信したら、[OK]をクリックして[Building Blocks]ページに戻ります。
  6. Building Blocksを有効にするには、Building Blocksの[利用可否の設定]リストで[利用可能]をクリックします。Blackboard Learnによって、そのBuilding Blocksに必要なアクセス権のリストが表示されます。これは、Blackboard Learnを危険なコンテンツから守るためのセキュリティ機能です。Building Blocksに与えられているアクセス権について疑問点がある場合は、アクセス権を承認する前に、ベンダーに問い合わせてください。
  7. このBuilding Blocksを有効にして、表示されたアクセス権を許可する場合は、[承認]をクリックします。

Building Blocksを更新する場合は、ベンダーの指示に従ってください。アップグレードを実行すると、通常、古いバージョンのBuilding Blocksがアンインストールされて、新しいバージョンに置き換わります。

Building Blocksのアンインストール方法

Building Blocksが不要になった場合、管理者は、そのBuilding Blocksを削除するか、利用不可にするかを選択できます。利用不可にする場合、そのBuilding BlocksはBlackboard Learn上に残りますが、ユーザからはアクセスできなくなります。Building Blocksを削除すると、Blackboard Learnから削除されます。そのBuilding Blocksを後で使用する予定がある場合は、利用不可にしておきます。

  1. [管理パネル ]の[ Building Blocks ]セクションで、[ Building Blocks ]をクリックします。
  2. [インストールされているツール]をクリックします。
  3. Building Blocksを無効にするには、Building Blocksの[利用可否の設定]リストで[利用不可に設定]をクリックします。
    -または-
    Building Blocksをアンインストールする場合は、[削除]をクリックし、次に[OK]をクリックしてアクションを承認します。

Building Blocksのコンテンツには、どのような影響がありますか?

インストラクタはBuilding Blocksとして追加されるコンテンツツールを使用して、さまざまなタイプのコンテンツを作成してユーザに表示できます。コンテンツツールが削除されるか利用不可に設定されると、そのコンテンツツールを使用して作成したコンテンツにアクセスできなくなります。学生には、それらのコンテンツ項目へのリンクが表示されなくなります。インストラクタには表示されますが、そのコンテンツを開いたり表示することはできません。そのBuilding Blockを再度利用可能にすると、全員に表示されて利用可能になります。

Building Blocksの管理方法

以下の表に使用できるオプションの説明を示します。

  1. [管理パネル ]の[ Building Blocks ]セクションで、[ Building Blocks ]をクリックします。
  2. [インストールされているツール]をクリックします。以下の表に利用できるタスクを示します。
    インストールされているツール
    目的 操作
    Building Blockを変更する [設定]をクリックします。この機能は、Building Blocksが設定可能である場合にのみ、表示されます。Building Blockの設定を変更します。設定は、Building Blockごとに固有であり、ライセンスファイル、外部リソース、グローバル設定などの項目を含めることができます。
    Building Blockを削除する [削除]をクリックします。この操作は元に戻せません。
    Building Blockを利用可能/利用不可にする [利用可否の設定]列のリストから、以下の値の1つを選択します。
    • 無効に設定 : Building Blocksは登録されていますが、設定スクリプトなどのコードは実行できません。これは、すべてのBuilding Blockが初めてインストールされたときのデフォルト状態です。
    • 利用可能に設定 : ユーザはBuilding Blockを利用できます。
    • 利用不可に設定 : Building Blockは登録されており、コードを実行できますが、ユーザは利用できません。
    Building Blockツールのコース内の初期設定のアクセス設定を行う [コース/コミュニティの初期設定]列のリストを選択します。このオプションでは、コース内でツールをデフォルトで使用できるようにするかどうかを指定します。
    Building Blockの詳細を検証する [コンポーネントの表示]をクリックします。このページには、Building Blocksを構成するコンポーネントが表示されます。説明、バージョン番号、ベンダ情報、デフォルトおよび使用できる言語も表示されます。Building Blockにデフォルトテーマの独自のCSSがある場合、そのテーマもリストに表示され、カスタマイズ作業中に適切なファイルを特定できます。
    Building Blocksをダウンロードする [Building Blocksを検索してダウンロード]をクリックします。これは、http://www.blackboard.com/Partnerships/Extensions.aspxにリンクしています。Building Blocksをコンピュータにダウンロードして、システムに追加できます。Building Blocksをダウンロードしてもインストールはされません。
    Building Blockのインストール [Building Blocksのアップロード]をクリックします。

B2Managerコマンドを使用したBuilding Blocksの管理

Building Blocksのインストールまたは更新方法

手順1:Building Blockのインストール

以下のコマンドを入力します。blackboard_homeはBlackboardのインストール場所で、B2_Path & Filenameはインストールまたは更新するBuilding Blockのフルパスおよびファイル名です。

UNIXの構文:

/usr/local/blackboard_home/tools/admin/B2Manager.sh -i B2_Path & Filename.war
例:/usr/local/blackboard_home/tools/admin/B2Manager.sh -i /usr/local/MyB2.war

Windowsの構文 :

C:\blackboard_home\tools\admin\B2Manager.bat -i B2_Path & Filename.war
For example:C:\blackboard_home\tools\admin\B2Manager.bat -i C:\BuildingBlocks\MyB2.war

手順2:Building Blocksの設定

管理者は、これらの手順に従うか[管理パネル]からBuilding Blocksを設定します。[Building Blocks]セクションで、[Building Blocks]、[インストールされているツール]の順にクリックします。

  1. 以下のコマンドを入力します。blackboard_homeはBlackboardのインストール場所です。
    UNIXの構文:

    /usr/local/blackboard_home/tools/admin/B2Manager.sh -v

    Windowsの構文 :

    C:\blackboard_home\tools\admin\B2Manager.bat -v

  2. verboseリストで、設定するBuilding Blockを見つけます。
  3. [セットアップ]フィールドから、表示されたURLをコピーしてWebブラウザに貼り付けます。認証をリクエストされた場合は、Blackboard管理者の資格情報を使用します。
  4. Building Blocksのプロバイダが指定する手順に従って、設定プロセスを完了させます。

Building Blocksの管理方法

Building Blockは、B2Managerコマンドラインツールを使用して管理できます。

  1. コマンドラインから以下のディレクトリに変更します。ここで、blackboard_homeBlackboard Learnのインストール場所です。
    UNIXの構文:

    cd %/usr/local/blackboard_home/tools/admin

    Windowsの構文 :

    cd C:\blackboard_home\tools\admin

  2. このディレクトリから以下のコマンドを入力して、B2Managerコマンドを目的の操作を使用して実行します。filenameはBuilding Blockの.warファイルの名前、B2_HandleはBuilding Blockを識別する「ハンドル」です。Building Blocksのハンドルを識別するには、リストコマンドの1つを入力します (-vまたは-l)。
    UNIXの構文:

    B2Manager.sh < -c VALUE | -r | -s VALUE | -v | -l > [filename | B2_Handle]

     

    MyB2 Building Blockのシステムステータスをアクティブに変更するには、B2Manager.sh -s AVAILABLE MyB2と入力します。

    すべてのBuilding Blockを冗長形式で一覧するには、B2Manager.sh -vと入力します。

    Windowsの構文 :

    B2Manager.bat < -c VALUE | -r | -s VALUE | -v | -l > [filename| B2_Handle]

     

    MyB2 Building Blocksのシステムステータスをアクティブに変更するには、B2Manager.bat -s AVAILABLE MyB2と入力します。

    すべてのBuilding Blocksを冗長形式で一覧するには、B2Manager.bat -vと入力します。

    Building Blocksのハンドルを識別するには、リストコマンドの1つを入力します (-vまたは-l)。

    リストコマンド
    コマンド 説明
    -c 指定されたBuilding Blockのコースまたは組織・グループのデフォルトのステータスを変更します。このオプションでは、コース内でツールをデフォルトで使用できるようにするかどうかを指定します。有効な値:
    AVAILABLEまたはUNAVAILABLE
    -r 指定されたBuilding Blockをシステムから削除します。この操作は元に戻せません。
    -s 指定されたBuilding Blockのシステムステータスを変更します。有効な値:
    • INACTIVE:Building Blockは登録されていますが、設定スクリプトなどのコードは実行できません。これは、すべてのBuilding Blockが初めてインストールされたときのデフォルト状態です。
    • AVAILABLE:ユーザはBuilding Blockを利用できます。
    • UNAVAILABLE:Building Blockは登録されており、コードを実行できますが、ユーザは利用できません。
    -v インストールされているすべてのBuilding Blockを冗長形式で表示します。filenameまたはB2_Handleが指定された場合、該当するBuilding Blockの情報のみが表示されます。
    -l インストールされているすべてのBuilding Blockを簡略形式で表示します。filenameまたはB2_Handleが指定された場合、該当するBuilding Blocksの情報のみが表示されます。表示の形式は、"B2 Name" B2_Handle by Vendor [System Status] SetupURLです。
    -o 必須B2の安全対策を上書き
    *BLACKBOARDでのみ使用*使用するとシステムが不安定になる可能性があります。
    -d B2の依存性チェックを上書き
    *BLACKBOARDでのみ使用*使用するとシステムが不安定になる可能性があります。