メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

共有コンテンツの編集

空白のホワイトボードまたはファイルを共有する場合には、ライブセッション中に編集に使用可能なツールが付与されます。[セッションの設定]で、同じツールを参加者に付与するかどうかも設定できます。

  • 選択:ホワイトボード上の対象を選択するには、矢印を使用します。選択後は、サイズ変更、移動、および削除できます。
  • ポインタ:表示されているスライドで複数のエリアをポイントするには、手のアイコンを使用します。参加者は、スライドでポイントされている場所を見ることができます。
  • 鉛筆:スライド上に自由に描くには、鉛筆アイコンを使用します。
  • 正方形:四角形、楕円、または直線を自由に描くには、正方形アイコンを使用します。あなた次第です。
  • テキスト:スライド上に文字を入力するには、「T」アイコンを使用します。
  • クリア:自分または他のモデレータがスライドに加えたものをクリック1回で元に戻すには、消しゴムを使用します。
  • 前へ:スライドに戻ります。

    キーボードの場合、[Alt+Page Down]キーを押すと前のスライドに戻ります。Macでは[Alt+Fn+下矢印]キーを押します。

  • PowerPoint名:スライドナビゲータパネルを開きます。
  • 次へ:スライドを進めます。

    キーボードの場合、[Alt+Page Up]キーを押すと次のスライドに進みます。Macでは[Alt+Fn+上矢印]キーを押します。

  • 共有の停止:コンテンツ共有を停止します。
  • 拡大:コンテンツの表示が大きくなります。コンテンツの細部が見えるようになります。
  • 縮小:コンテンツの表示が小さくなります。
  • 最適なサイズ:スクリーンを最大限に活かすことができます。コンテンツは利用可能範囲内に完全に表示されるよう調整されます。アスペクト比を維持したまま、最大の大きさでの表示が可能です。
  • 実際のサイズ:イメージを元のサイズに戻します。
  • ビューコントロールの表示/非表示:ズーム、フィット、サイズのコントロールを表示または非表示にします。