メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

セッションの記録

巻き戻しと繰り返し。

学生が必要な時にいつでもプレゼンテーションにアクセスできるよう、セッションを記録できます。必要に応じていつでも停止と再開が可能で、終了後には、セッションをコースページに投稿することができます。

音声や動画、セッション中に共有されるその他のコンテンツも記録可能です。セッション中に使用されるリアルタイム字幕やサブタイトルのキャプチャも可能です。セッションで使用された字幕が複数ある場合には、最初のものが記録されます。

ライブ字幕 (クローズドキャプション)の詳細

記録中

その他のツール > 記録の開始

ひとつのセッション中に複数の記録が可能です。停止したセッションの記録を続行すると、新しい記録として保存され、セッションの記録リストに追加されます。[その他のツール]と[記録の停止]をクリックして、記録を停止します。


表示中

記録されたセッションはMP4として保存されます。記録には、音声、共有コンテンツ、またはアクティブな発言者の動画、ライブセッション中に入力された字幕が含まれます。セッションにキャプショントラックが複数ある場合には、最初のものが記録されます。他のユーザは、どのデバイスからでも共有の記録をストリーミングすることができます。

ユーザは何度でも記録を表示することができます。表示制限はありません。

記録は、表示する前に、再生可能な形式に変換する必要があります。最初の記録アクセス時に、変換が行われます。数分かかることがありますが、一度変換してしまうと、記録は全員が表示可能になります。


記録のダウンロード

セッション管理システム (SAS) のユーザインターフェースと記録再生ページの両方から記録をダウンロードできるようになりました。

各セッションについて、セッションの記録のダウンロードを許可する必要があります。セッションの[セッションの設定]を開き、[記録のダウンロードを許可する]をチェックします。このセッションで作成されたすべての記録は、ダウンロードが許可されていればダウンロード可能です。

現時点では、ダウンロードはセッション管理システム (SAS) ユーザとLearning Tools Interoperability® (LTI、学習支援ツールの相互運用) ユーザのみが利用することができます。


記録の検索方法

記録は参加したセッションのページに保存されます。

  • Webリンクから、Collaborateにログインし、[記録]を選択します。
  • Moodleroomsコースから、Collaborateアクティビティをクリックすると記録が表示されます。
  • Blackboard Learn コースから、[コースツール] > [Collaborate]をクリックします。
  • LTI準拠の学習管理システムからCollaborateに移動し、[記録]を選択します。

コースに関する疑問がある場合自分のコースで使用するものにジャンプします。