メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

スケジューラからのセッションスケジュール設定

スケジューラとは?

ブラウザからCollaborateにアクセスしセッションログインします

スケジューラは、セッションと記録に関するスケジュール設定と管理を行う場所です。セッション管理システム (SAS) のUltraユーザエクスペリエンスでは、セッションスケジュール設定と記録表示の直観的なデザインを体感していただけます。

セッションの日付を設定し、開始および終了時刻を指定して、リンクを学生に送信します。ブラウザからBlackboard Collaborateにアクセスし、ログインして開始します。

このスケジューラを使用するには、所属する教育機関のURLとログイン資格情報が必要です。

CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスを既にご利用の場合には、新しいスケジューラのユーザエクスペリエンスに自動的に切り替わります。新しいUltraユーザエクスペリエンスをまだご利用でない場合には、「形式を切り替えるには」を参照してください。

慣れない感じがすることもあります。セッション管理システム (SAS) の"オリジナル"のヘルプへジャンプ


スケジューラで可能な作業は?

新しいミーティングセッションの開始 : [セッションの作成]を選択します。ミーティングの名前、日付、時刻を追加します。記録のダウンロードを許可するかどうかも設定可能です。詳細については、「セッションの作成と編集」を参照してください。

ミーティング情報の更新 : 日付や時間を調整したり、ゲストを招待したりする場合は、編集するミーティングをポイントします。

ミーティングの開始 :開始の準備ができたら、ミーティング名を選択します。セッションの実施の詳細については、 「ミーティングの実施」を参照してください。

ミーティングの検索 :複数のミーティングをスケジュールしている場合は、[セッションの検索]を選択して、ミーティングリストをフィルタリングします。セッション名または日付を入力します。

記録の表示:表示する記録を選択します。詳細については、「セッションの記録」を参照してください。

アカウント情報の更新:個人情報の更新やパスワードの変更は、プロフィールから行います。

形式の切り替え:Collaborate (12.6) セッションのUltraユーザエクスペリエンスと元のユーザエクスペリエンスのスケジュール設定は、いつでも簡単に切り替えることができます。切り替えると、元のユーザエクスペリエンスでレポートを表示したり、リソースを管理したりすることができます。

それが、Collaborateの管理機能に対するUltraユーザエクスペリエンスへの第一歩となります。Ultraのセッションと同様、このインターフェースも逐次機能が追加される予定であり、最終的には現行のSASインターフェースに完全に切り替わる予定です。


セッションの作成と編集

[セッション] > [セッションの作成]

  • セッションの開始日時と終了日時を設定します。セッションを開いたままにする、あるいは繰り返しを選択できます。また、学生が開始時間より前にセッションへ参加できるかどうかを選択できます。
  • ミーティングの詳細な説明を入力します。これにより、学生が適切なセッションを見つけることができます。
  • モデレータリンクは、コピーして個人的なカレンダーに追加するなど、個人的に使用することができます。このリンクを使用するには、セッション作成者の認証資格情報でサインインできることが前提になります。
  • ミーティングのゲストアクセスを設定します。参加者が他のゲストを招待できるようにするには、[オン]をクリックします。
  • ゲストリンクのコピーを学生、またはその他のゲストに送信できます。また、ゲストを参加者、プレゼンタ、モデレータのいずれに設定するかを決定できます。

    セッションリンクは長くても構いません。送信時には短縮できます。TinyURLTMなどのURL短縮サービスを利用して、セッションの短いエイリアスを作成します。

  • ゲストが、参加者、プレゼンタ、モデレータのいずれとして参加するかを決定します。どのように権限を設定すればよいかわからない場合でも、心配はいりません。ミーティング中でも権限を設定できます。

セッションの設定

セッションで誰がどのような操作を行えるのかを設定します。

  • 記録ページと記録再生ページ上での記録のダウンロードを許可します。
  • モデレータのプロフィール画像のみを表示します。
  • 参加者に、音声、動画、チャット、ホワイトボード編集ツールの使用を許可します。
  • 音声について、ユーザが電話でセッションに参加することを許可します。

オリジナルのセッション管理システム

慣れない感じがすることもあります。セッションスケジュール設定に関する"Ultra"のヘルプへジャンプ

元のユーザエクスペリエンスのスケジューラからも、セッションのスケジュール設定、リソース管理、レポート表示が行えます。Ultraユーザエクスペリエンスと元のユーザエクスペリエンスはいつでも切り替え可能です。

元のユーザエクスペリエンスでスケジュール設定されたセッションは、元のユーザエクスペリエンスのランチャーを使用します。

オリジナル形式に関するヘルプでのSASの使用の詳細


ユーザエクスペリエンスを切り替えるには?

CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスと元のユーザエクスペリエンスは、いつでもワンクリックで切り替え可能です。

  • Ultraユーザエクスペリエンスを利用している場合には、[元のユーザエクスペリエンスに戻る (Collaborate V12)]を選択します
  • 元のユーザエクスペリエンスを利用している場合には、Collaborate Ultraユーザエクスペリエンスに戻るを選択します

いつでも戻れるようブックマークできます。

​ユーザログインページ上のバナーを選択して、新しいCollaborateのスケジュール機能をチェックアウトすることもできます。


どちらのユーザエクスペリエンスを使用したら良いのでしょうか?

営業時間、講義、および小規模グループでコラボレーションをお使いのお客様は、Ultraユーザエクスペリエンスをご検討ください。一方、大規模グループでのコラボレーション、詳細な授業と学習、大規模なWebinarを行うお客様は、元のユーザエクスペリエンスの方が便利かもしれません。

最適な選択の詳細