メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

ネットワーキング

ユーザに最適なユーザエクスペリエンスを提供します。

Blackboard Collaborateは、ユーザデータグラムプロトコル (UDP) を介してWebRTCが可能なネットワークで最適に動作します。また、Collaborateは基本的なWebテクノロジーであるWebSocketを必要とします。

ファイアウォール設定

デフォルトでは、CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスは、ユーザデータグラムプロトコル (UDP) を使用して情報送信を行います。UDPは、パケット送信前に接続確立待ちを行いません。単に、高速かつ効率的なパケット送信が意図されています。

最適な運用には、ユーザが使用するローカルなセッション管理システム (SAS) に対して当社最大のインターネットプロトコル (IP) 範囲を上限として、ポート49152から65535でUDPトラフィックを許可するよう、ファイアウォールとプロキシを設定します。

全範囲のポートの開放が不可能な場合は、ポート50000でのUDPトラフィックを許可するようにファイアウォールとプロキシを設定します。ファイアウォールとプロキシがUDPトラフィックを許可するよう設定されていない場合、Collaborateは、WebRTCトラフィックをサポートしますが、 ユーザに不必要な遅延や僅かなフラストレーションが掛かることになります。

IP範囲リストについては、「Behind the Blackboardのネットワーキングに関する記事」 (英語版のみ) を参照してください。

ファイアウォールがこの範囲に開放されていない場合、UDP 50000ポートが試行されます。それに失敗しても、トラフィックはTransmission Control Protocol (TCP) でポート443で接続可能です。TCPはUDPに比べて少し遅い接続プロトコルです。

プロキシ設定

WebSocket

CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスは、HTML5 WebSocketトラフィックを使用して、セッションサーバーへの接続を行います。HTML 5 WebSocket接続を許可しないネットワークからの接続を試行すると、CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスを立ち上げることができません。

プロキシサーバーは、Collaborateがプロキシ経由でセッションサーバーへの接続を行うよう、HTML5 WebSocketトラフィックを許可する必要があります。また、プロキシサーバーには、このWebSocketトラフィックを処理できるよう特別な設定を施す必要があります。これはシステム管理者の作業になります。

WebSocketトラフィックが自分のネットワークで動作しているかわからない場合は、テストすることができます。詳細については、「自分のネットワークでのWebSocketトラフィックテストに関するBehind the Blackboardの記事」 (英語版のみ) を参照してください。

WebRTC

プロキシサーバーは、最適なCollaborateユーザエクスペリエンスを実現するため、WebRTCトラフィックを許可する必要があります。WebRTCにより、ユーザエクスペリエンスは帯域幅とネットワーク制約に応じて動的に調整されます。詳細については、WebRTCのWebサイトを参照してください。