メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

Moodlerooms Blackboard Collaborateアクティビティモジュール

クラスではJavaは必要ありません。

CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスは、Moodlerooms用アクティビティモジュールとしても利用可能です。

Moodleroomsクラスから、UltraユーザエクスペリエンスのセッションでCollaborateに参加できるようになりました。Javaをインストールしたり、Javaに依存したファイルをデバイスにダウンロードして開いたりする必要はありません。セッションは、お使いのブラウザの設定に応じて、新しいウィンドウまたはタブで開きます。

モジュールのインストールと有効化を行う際に、教員がCollaborateをクラスに追加することができます。教員は、仮想のクラスルーム、オフィス、ミーティングスペースを作成し、学生にさらに協調的かつインタラクティブな学習体験を提供できます。

Moodleroomsユーザは、以下の手順に従って、ご使用のサイト用のプラグインを有効化してください。Moodleをセルフホストする場合、または他のMoodleホスティングプロバイダを使用する場合には、まずプラグインをCollaborate Moodleプラグインページからダウンロードします。

開始

Collaborateアクティビティモジュールを設定する前に、サポートに連絡して、自分のインスタンスに対してCollaborateのUltraユーザエクスペリエンスを有効にしてもらう必要があります。

  1. Behind the Blackboardサポートサイトにログインします。
  2. [ケースを作成]をクリックします。
  3. [環境]ドロップダウンリストから、ご使用のウェブカンファレンス環境を選択します。
  4. [トピックを入力]ドロップダウンリストから[Ultraユーザエクスペリエンス]を選択します。
  5. [機能領域]ドロップダウンリストから、[CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスをリクエスト]を選択します。
  6. [新しいケースを作成]をクリックします。

設定

[サイト管理] > [プラグイン] > [アクティビティモジュール] > [Collaborate]

サーバーとログイン資格情報が通知されます。その情報を使用して、設定を完了させます。[変更を保存]をクリックします。