メインコンテンツまでスキップ
pdf?stylesheet=default
Blackboard Help

LTI準拠LMSのCollaborate

LMSコースではJavaなしの環境を体感できます。

Blackboard CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスは、セッション管理システム(SAS) を介してLearning Tools Interoperability® (LTI、学習支援ツールの相互運用) 準拠になっています。

ユーザは、ご使用のLTI準拠の学習管理システム (LMS) で、ご自身のコースからCollaborateのUltraユーザエクスペリエンスのセッションに参加できるようになりました。

Javaをインストールしたり、Javaに依存したファイルをデバイスにダウンロードして開いたりする必要はありません。セッションは、お使いのブラウザの設定に応じて、新しいウィンドウまたはタブで開きます。

Blackboard Collaborate SASサーバーへのリンクを行う場合、教員はCollaborateを自分のコースに追加することができます。教員は、仮想のレクチャー、オフィス、ミーティングスペースを作成し、学生に対してさらに協調的かつインタラクティブな学習体験を提供することができます。

開始

Collaborateをご自身のLTI準拠のLMSにリンクする前に、サポートに連絡して、CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスを有効にしてもらう必要があります。

  1. Behind the Blackboardサポートサイトにログインします。
  2. [ケースを作成]をクリックします。
  3. [環境]ドロップダウンリストから、ご使用のウェブカンファレンス環境を選択します。
  4. [トピックを入力]ドロップダウンリストから[Ultraユーザエクスペリエンス]を選択します。
  5. [機能領域]ドロップダウンリストから、[CollaborateのUltraユーザエクスペリエンスをリクエスト]を選択します。
  6. [新しいケースを作成]をクリックします。

LMSへのリンク

LMSからCollaborate SASサーバーへリンクできます。管理者としてこの作業を行う必要があります。

提供されているサーバーURL、キー、秘密鍵を使用してください。表示と非表示オプションがある場合には、ユーザがリンクを表示できることを確認してください。

また、コンテキストID、ユーザID、ユーザ名、ユーザの電子メールアドレスをBlackboard Collaborate LTIプロバイダに送信するようLMSを設定する必要があります。

これは単に基本的な指針です。詳細については、LMS文書を参照してください。